[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平がMVPである17の理由 米メディアが特集「唯一の選択肢」「オオタニが初だ」

投手としても優れた指標に注目「スプリットは最も打たれない」

 また、投手としては「得点圏に走者がいる状況での被打率は、1965年のピート・リッチャーと同じ.128で、最低22先発した投手の中では、スタッツが追跡されるようになってから3番目の低さである。最も被打率が低い投手は2018年のスネル(.088)で、2番目は今季のシャーザー(.110)だ」とピンチに打たれない選手であることにも言及している。

 この他にも「3巡目との打者との被打率は.165でリーグで最も低い数字。MLB全体(100打席以上)ではシャーザーの.145に次ぐ2番目の数字」「オオタニのスプリットは最も打たれない球種であり、被打率は.067。キャリアの中で538球のスプリットを投じているが、本塁打を打たれたことはない」などとも評価されている。

 三冠王を狙えるゲレーロJr.との比較が特に多い大谷。歴史的なシーズンを送っているが、米メディアに一択と言われるほど評価されているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集