[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「カットの一種か?」「スクリューのよう」 大谷翔平の“謎変化球”に米ファン困惑

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・投手」で先発出場。8回5安打2失点で、10勝目はならなかったものの10奪三振、108球の力投を見せた。米国の投球分析家は、大谷が投じたあるボールに着目。左打者の外角へ逃げていくボールには米ファンからも「なんだこれ?」「カットボールの一種か?」などと驚きの声があがっている。

10奪三振の力投を見せた大谷翔平【写真:AP】
10奪三振の力投を見せた大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦に「2番・投手」で先発も10勝目はならず

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・投手」で先発出場。8回5安打2失点で、10勝目はならなかったものの10奪三振、108球の力投を見せた。米国の投球分析家は、大谷が投じたあるボールに着目。左打者の外角へ逃げていくボールには米ファンからも「なんだこれ?」「カットボールの一種か?」などと驚きの声があがっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2回2死二塁、打席に左打者ブラウンを迎えた時だった。大谷がセットポジションから投じたボールは、外角高めへ横滑りするように変化。球速89マイル(約143.23キロ)の逃げていく変化球は、捕手のミットに収まった時点ではボールゾーンだったものの見事に空振りを奪った。

 このボールに注目したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏だった。実際の映像をツイッターに公開。文面に「ショウヘイ・オオタニが奇妙な球を投げる。何なのかは分からない」とつづり、回転数は2993で、スプリットの2倍であることを指摘した。

 米ファンからも「スクリューのよう」「異常な回転量だ」「約3000回転で89マイルか、ヤバすぎる」「なんだこれ?」「カットボールの一種か?」「チェンジアップが荒れたもの?」「この世界のものではない」などと様々なコメントが寄せられていた。

 大谷は8回2失点と好投したが、援護に恵まれず。1918年にレッドソックス時代のベーブ・ルースが達成して以来103年ぶりの年間「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」はお預けとなった。この日は打撃でも2打数無安打2四球。本塁打王争いではトップのブルージェイズのゲレーロJr.に2本差のままとなっている。チームが9回に追いついたため大谷の負けはなくなったが、エンゼルスは延長戦の末2-3で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集