[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

史上最高の殴り合い 高山―ドン・フライ戦に再脚光「脳がダメージを食らう音が…」

格闘技ファンの中で語り継がれる試合はいくつかあるが、この試合は見るもの全員を熱くしたと言っても過言ではないだろう。2002年の6月23日の「PRIDE.21」でのドン・フライ(米国)対高山善廣戦だ。壮絶な打ち合いが展開された激しい一戦は、フライが1回6分10秒でレフェリーストップ勝ち。今なお伝説の一戦として記憶される衝撃の打撃戦に米メディア「バーストゥール・スポーツ」が再脚光を浴びせている。

ドン・フライ【写真:Getty Images】
ドン・フライ【写真:Getty Images】

18年前の「6・23」、伝説級ノーガードの殴り合いに米ファン唖然

 格闘技ファンの中で語り継がれる試合はいくつかあるが、この試合は見るもの全員を熱くしたと言っても過言ではないだろう。2002年の6月23日の「PRIDE.21」でのドン・フライ(米国)対高山善廣戦だ。壮絶な打ち合いが展開された激しい一戦は、フライが1回6分10秒でレフェリーストップ勝ち。今なお伝説の一戦として記憶される衝撃の打撃戦に米メディア「バーストゥール・スポーツ」が再脚光を浴びせている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ゴング開始から壮絶などつき合いが始まった。パンチの応酬からじわじわとフライをコーナーに追い詰めていく高山。ここからだ。互いの首を左手で掴み、右フックをがら空きの顔面に叩き込み続けた。互いに一歩も引かない。わずか数十秒の打ち合いだったが、高山の左目は腫れ、鼻からは出血。格闘技界に強烈なインパクトを残したシーンだ。

 今なお語り継がれる名場面から18年。同メディアの格闘技専門ツイッター「スピニンバックフィスト」では「18年前の今日」とキャプションをつけて、伝説の打撃戦の動画に再脚光。すると海外ファンからは「ディフェンスなし?」「脳がダメージを食らう音が聞こえてくるようだ」「彼らに氷を持って行ってあげて」「ゲームでAボタン連打しか知らないとき、こんな感じになる」などと驚きの声が上がっている。

 この試合、高山の出場が決まったのは大会1週前。それでもリングに上がり、真正面から殴り合う姿はファンの感動を呼んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集