[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「意識次第で数万球が無駄になる」 巨人の日本一守護神が考えるプロとアマの差

基本の徹底…その礎となった名将の教えとは

 キャッチボールに象徴されるように、大事にしている基本の徹底。その教えの礎となったのは、駒大時代の恩師である太田誠氏の指導だ。中畑清(前DeNA監督)、森繁和(現中日監督)、野村謙二郎(元広島監督)、高橋尚成(元巨人)、新井貴浩(現広島)ら、錚々たる名選手を育て上げたアマチュア野球界の名将の教えが、自身の「軸」になっているという。

「野球のプレーよりも日常生活での姿勢を厳しく言われた」と回想し、基本の大切さを説いた。

「もちろん、リーグ戦の優勝という結果は求めていたけど、グラウンド以外の部分での挨拶、掃除、または試合に臨むまでの過程、練習に臨むまでの過程をすごく大事にしていた。結局、それが何よりも大切なことで、野球につながっていくということだと思うんです」

 指導者1年目の新米監督。それでも、球界の盟主・巨人で日本一を味わった44歳は「1年目ということは選手には関係ない。持っているものすべてをぶつけたい」と思いは熱い。

 最後に、河原監督のもとでNPBを目指しながら懸命に汗を流すナインへの思いを明かしてくれた。

「僕もいつからか思うようになったんだけど、みんな好きで野球をやっているわけで、好きなことに対して一生懸命にできなかったら、おそらくこの先、何も一生懸命にできることはないと思う。ましてや、これから野球を辞めて社会に出ても、好きなことをやって生きていける人はほとんどいない。今はまだ好きなことにチャレンジができている時なのだから、その時くらい一生懸命になってほしい」

 力を込めた言葉は、独立リーグでプレーする教え子たちだけでなく、プロ入りを夢見て白球を追うすべての選手への共通するメッセージに聞こえた。キャッチボールの1球を大切にするように――。「当たり前」を一生懸命に取り組むことが、プロとアマの差を乗り越えるためのカギとなるのだろう。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集