[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙の「4冠」 “九州の怪物”荒竹一真、大接戦の判定勝ちに苦渋「相手に申し訳ない」

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは2日、宮崎市総合体育館で準決勝が行われ、ピン級では1年生で高校3冠を達成した荒竹一真(2年=鹿児島・鹿屋工)が尾崎優日(2年=大阪・興国)と対戦。大接戦の末に3-2のポイント勝ちを収め、4冠を達成したが、試合後は「申し訳ない」と涙が止まらなかった。

判定勝ちで4冠を成し遂げた荒竹一真【写真:荒川祐史】
判定勝ちで4冠を成し遂げた荒竹一真【写真:荒川祐史】

インターハイボクシング、ピン級は荒竹が接戦制し「4冠」達成

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは2日、宮崎市総合体育館で準決勝が行われ、ピン級では1年生で高校3冠を達成した荒竹一真(2年=鹿児島・鹿屋工)が尾崎優日(2年=大阪・興国)と対戦。大接戦の末に3-2のポイント勝ちを収め、4冠を達成したが、試合後は「申し訳ない」と涙が止まらなかった。

 まるで敗者のようだった。試合後、荒竹は目に涙を浮かべながら、「負けたと思った。相手選手にすごく申し訳ない気持ちです」とこぼした。

 両者の気迫がぶつかり合った。この階級での大本命と目されていた荒竹だが、尾崎の出足に苦戦。最後まで思うようなボクシングができなかったが、結果は3-2の判定で自身の手が上がった。

「1、2ラウンドは取られていたと思う。3ラウンドは取ったかもしれないけど…。そんな中で申し訳ない。相手が前に出てきて、自分はなかなか出られなかった。本当に申し訳ない」。“申し訳ない”という言葉を何度も絞り出した。

 高校1年で3冠を達成した軽量級の怪物。高校では無敗で、今大会でも決勝まで危なげなく勝ち上がってきた。頂点を争う相手は親友の尾崎。試合前には健闘を誓いあっていたが、試合後には「ごめん」と頭を下げたという。「『ありがとう』と言ってくれました。思っていたイメージとは違った。プレッシャーに押されました」と反省ばかりが口をついた。

 微妙な判定でも勝ちには違いない。無敗での4冠という偉業を成し遂げた。秋の国体で5冠がかかる。「次は誰もが納得いくような試合をしたい」。勝って味わう悔しさを糧に、怪物はまた一回り大きく成長するはずだ。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集