[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】豊川、“1年前の涙”からメドレーリレー雪辱V 今井月「去年の負けは私のせいと…」

【競泳】豊川、“1年前の涙”からメドレーリレー雪辱V 今井月「去年の負けは私のせいと…」

全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)最終日は20日、女子400メートルメドレーリレー決勝で豊川(愛知)が4分06秒52で優勝を飾った。

女子400メートルメドレーリレー決勝は豊川(愛知)が4分06秒52で優勝【写真:荒川祐史】
女子400メートルメドレーリレー決勝は豊川(愛知)が4分06秒52で優勝【写真:荒川祐史】

インターハイ最終日女子400mメドレーリレー、昨年2位の悔しさを晴らす優勝

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)最終日は20日、女子400メートルメドレーリレー決勝で豊川(愛知)が4分06秒52で優勝を飾った。

 豊川が4人の総力を結集させ、悲願のメドレーリレーVを達成した。第1泳の背泳ぎ・伊与田萌々(3年)が3番手でエースの平泳ぎ・今井月(3年)につなぐ。力強い泳ぎであっという間に先頭に立つと、2位に3秒以上のリードをつけた。バタフライの関根澪央(2年)、自由形のアンカー今井美祈(3年)がそのままリードを守り、ライバルの日大藤沢(神奈川)を0秒5差で振り切った。

 昨年は春日部共栄(埼玉)に0秒15差で2位。レース後、悔し泣きした。総合力が問われる種目で、チームとしても目標にしてきた優勝。伊与田は「必死に(日大藤沢に)ついていこうと思った」、関根は「私が3人の頑張りをムダにするわけにはいかなかった」と振り返り、アンカーを務めた今井美は「本当にうれしい。絶対に勝たないといけないと思っていた」と歓喜に酔いしれた。

 殊勲の働きを見せたエースの今井月は「去年の負けは私のせいと思っていた。この種目には特別な気持ちがあった。豊川のみんなと一緒に戦うことができて幸せ。3年間を最後にいい形で締めくくれて良かった」と1年前に涙を流した種目で笑顔を咲かせた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー