[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【バレーボール】鎮西連覇の夢途絶える、高校最強エース水町泰杜は号泣「勝てなかったのは自分の責任」

【バレーボール】鎮西連覇の夢途絶える、高校最強エース水町泰杜は号泣「勝てなかったのは自分の責任」

全国高校総体(インターハイ)のバレーボール男子の準決勝が30日、三重県内で行われ、決勝進出の2校が決まった。鎮西(熊本)は市尼崎(兵庫)と対戦。1-2(21-25、25-19、18-25)で敗れ、連覇の夢がついえた。高校NO1のエース水町泰杜(2年)は「自分の実力不足。勝たせられなかったのは自分の責任です」と試合後、号泣した。準決勝のもう1試合は洛南(京都)が駿台学園(東京)に2-1で逆転勝ちし、14大会ぶりに決勝進出を決めた。

鎮西のエース水町泰杜【写真:編集部】
鎮西のエース水町泰杜【写真:編集部】

インターハイ男子バレーボール準決勝、鎮西が市尼崎に敗れV2はならず

 全国高校総体(インターハイ)のバレーボール男子の準決勝が30日、三重県内で行われ、決勝進出の2校が決まった。鎮西(熊本)は市尼崎(兵庫)と対戦。1-2(21-25、25-19、18-25)で敗れ、連覇の夢がついえた。高校NO1のエース水町泰杜(2年)は「自分の実力不足。勝たせられなかったのは自分の責任です」と試合後、号泣した。準決勝のもう1試合は洛南(京都)が駿台学園(東京)に2-1で逆転勝ちし、14大会ぶりに決勝進出を決めた。

 試合後、水町は涙が止まらなかった。「悔しいです。自分が打ちきれなかったから負けた。自分の実力不足です」と顔を覆いながら言葉をつないだ。

 前年優勝。1月の春高バレーも制し、今季は国体も含めた3冠制覇も夢ではなかったが、4強で散った。旧チームには鍬田憲伸(現中大)という絶対的な存在がおり、水町とのWエース体制でその分、マークも分散された。しかし鍬田が卒業し、相手のマークは水町に集中。それでも第2セットでは強烈なバックアタックを立て続けに決めるなど奮闘。最終セットは点差が開く展開にも、主将としても最後までチームを鼓舞し続けたが、逆境を跳ね返すまでには至らなかった。

 前日に両足がつった影響もあっただろう。動きにはややキレを欠いたが言い訳にはしなかった。「試合に向けての準備が足りなかっただけ。ここでやれなかったら、鎮西のエースじゃない。勝負所での1点が取り切れなかったのは、エースとしての力が足りなかった。勝たせられなかったのは自分の責任です」。重すぎるほどのエースの自覚故か、最後まで自らを責め続けた。

「やらなきゃいけないことはたくさんある。もう1度1からチームを作って、今度はもっと上位までいけるようにしたい」

 181センチと身長はさほど大きくないが、驚異的な跳躍力から繰り出すスパイクと、巧みにコースに打ち分ける技術も高く、Vリーガーからも高い評価を受けている。まだ2年生。リベンジの機会はまだまだ残されている。

◇インターハイの男子バレーボールは7月27日より4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー