[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

食とカラダの記事一覧

  • 蕎麦は“色の濃い麺”を選んだ方が体にいい? 丼ものとのセット注文はアリなのか

    2019.05.29

    忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。ヘルシーに、かつ手早く食べられる定番ランチとして、サラリーマンの強い味方の蕎麦。いったい、なぜ健康にいいと言われるのか。またメニューもさまざま、どう食べればより体に優しく摂れるのか。橋本氏が気をつけるべきポイントを解説する。

  • グリーンスムージーはなぜ体に良い? 葉野菜で特に優秀な素材は「モロヘイヤ」

    2019.05.22

    忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。 最近、一般的になったグリーンスムージー。野菜と果物をミキサーで混ぜ合わせて簡単に作ることができ、コンビニでも手軽に買うことができる。「体に良い」というイメージが強いがどんな素材で作ることがベストなのか。橋本氏がアドバイスする。

  • おやつは必ずしも“罪”じゃない? 働く大人がむしろ積極的にとっていいワケ

    2019.05.15

    「おやつ」といえば、子どものイメージが強いが、実は大人にとっても大切なもの。何を食べるかで仕事の効率にも影響が出るという。では、選ぶべき「大人のおやつ」は何なのだろうか。橋本氏がオススメと気をつけるべきポイントを紹介してくれた。

  • カロリーだけで大丈夫? 「栄養成分表示」でチェックしたい“もう一つの項目”

    2019.05.08

    忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。 商品を買う時に目にする「栄養成分表示」。健康を考える上でも、しっかりとチェックして選びたいところ。ただ「エネルギー」「たんぱく質」「炭水化物」など書かれているが、いったい、何を重視して見ればいいのか? 橋本氏が解説してくれた。

  • 働く大人こそ飲むべき? オレンジジュースは“午後のもうひと踏ん張り”に効果的

    2019.05.01

    忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。

  • 「おにぎりとサンドイッチ」はNG? 午後の仕事のパフォーマンスを上げるランチとは

    2019.04.24

    忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。

  • 「サバ缶」の何がそんなにいいの? 効果を最大限に生かす方法は“野菜添え”

    2019.04.17

    「体にイイ缶詰」として、一時、スーパーの棚から消えるほどの売れ行きを見せ、今や定番のツナ缶以上に売れているといわれるサバ缶。一体、何がそんなにいいのか? そして本当に食べるべきなのか?

  • 出社した頃に疲れてませんか? 1日を変える朝食は「糖質+タンパク質」にあり

    2019.04.10

    「THE ANSWER」は忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える新連載「働く人の食事術」をスタート。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が指南する。

  • 猛威振るうインフル予防策 スポーツ栄養士が教える“腸が喜ぶ食べ物”2つは?

    2019.02.08

    今年も全国各地で猛威を振るうインフルエンザ。予防策として“免疫力アップ”の大切さが説かれるが、日々の食生活で免疫力を高める方法とは? 「THE ANSWER」の「食とカラダ」連載。様々な競技のアスリートやトップチームの栄養サポートを担当する公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に聞いた。

  • 貴景勝を生んだ埼玉栄相撲部 肥満にさせずに強くする、監督夫妻の“人情の食事学”

    2018.11.27

    今年、関東大会、国民体育大会を制し、高校総体団体戦では3年ぶり10度目の優勝を果たした埼玉栄相撲部(埼玉)。高校総体、高校相撲選抜大会と2つの全国大会を合わせると、優勝回数は史上最多の19を数える強豪校だ。「他校との違いを強いて挙げるならば筋力トレーニングと食事」と話すのは、同部の山田道紀監督。九州場所で初優勝して一躍、時の人になった貴景勝、豪栄道ら多くの幕内力士を輩出してきた山田イズムとは――。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集