[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「すぐに疲れる」大人の体力不足を解消 通勤時からできる「プラス・ワン」運動法とは

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「体力不足を解消する『プラス・ワン・トレーニング』」について。

今回のテーマは「体力不足を解消する『プラス・ワン・トレーニング』」について
今回のテーマは「体力不足を解消する『プラス・ワン・トレーニング』」について

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「体力不足を解消する『プラス・ワン・トレーニング』」について。

 ◇ ◇ ◇

 日頃から「体力がなくてすぐ疲れてしまう」と言う方は、トレーニングによる体力の底上げが必要です。

 私たちが「もうこれ以上動けない!」と疲労困憊するのは、体を動かす代謝システムが機能不全を起こすことで生じます。体を動かすエンジンは筋肉です。そして筋肉を動かすには酸素とエネルギーが不可欠。もし、酸素とエネルギーが枯渇すれば、筋肉も臓器も動かなくなり、死んでしまいます。ですから、心肺機能が低下し、エネルギーが不足すると、「これ以上、体を動かすと死んでしまうのでストップしなさい」と脳が警告を発信。つまり、ヘトヘトに動けなくなるのは、体を守るための安全装置が作動したためです。

 駅伝やマラソンの中継で、今にも足が止まりそうだったランナーが、ゴールが見えた途端にペースを上げるシーンを見かけたことがあると思います。あれは、ゴールを認識したことで、酸素とエネルギー源が枯渇する心配がなくなったため、余力を残す必要がない、と脳が判断。体の動きをセーブしていた安全装置がオフになったため、脚が軽くなり、動き始めるのです。

 代謝システムの性能を高め、体力を底上げするには、有酸素運動や筋トレといった運動が有効。そして、ただ漫然と運動するのではなく、少しハードな「疲れる運動」を行うのがポイントです。

 疲れる運動といっても、何も重いバーベルを担いだり、倒れるほどダッシュを繰り返したりする必要はありません。トレーニング強度=負荷×回数です。低負荷の運動を積み重ねれば、高強度になり、疲労に耐えられる力を養えます。

 とはいえ、回数を重ねれば、それだけ時間もかかります。そもそも、皆さん、仕事で忙しく、運動する時間を捻出できないから、体力が低下し、困っているんですよね? そこで、忙しい方にオススメしたいのが、日常生活の延長線上に何か一つ新たな運動を加える「プラス・ワン・トレーニング」という方法です。

1 2 3

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集