[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界で関心が高まるベジタリアンアスリート 植物性食品はパフォーマンスにどう影響?

Jリーグやジャパンラグビー リーグワンをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「ベジタリアンアスリートの食事」について。

今回のテーマは「ベジタリアンアスリートの食事」について【写真:写真AC】
今回のテーマは「ベジタリアンアスリートの食事」について【写真:写真AC】

公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「ベジタリアンアスリートの食事」

 Jリーグやジャパンラグビー リーグワンをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「ベジタリアンアスリートの食事」について。

 ◇ ◇ ◇

 2022年、世界のスポーツ栄養界を振り返ると、ヴィーガン、そしてベジタリアンアスリートの食事への関心が、ますます高まった年でした。

 スポーツ栄養学最新の研究成果を発信するウェブサイト「mysportscience(マイ・スポーツサイエンス)」。このサイトは、運動生理学の権威、イギリス・ラルバラー大学のアスカー・ユーケンドルップ教授が運営し、世界中のスポーツ栄養の専門家の講義が受けられるアカデミーを開催しています。アカデミーが開催した講義動画も、ベジタリアン&ビーガンアスリートのテーマが2022年の人気No.1に。世界中のスポーツ、そしてスポーツ栄養に関わる受講者の、関心の高さがうかがえます。

 アメリカのデータをみると、約7%のアスリートがプラントベース食(植物性食品を中心とした食事)を実践しているという報告があります。ちなみに、アメリカ全体でみると、成人の3.3%が実践。うち、18~34歳の年代は6%が実践していると回答。若い人たちの間で、プラントベース食を実践されている方が多いことがわかります。

 現在のところ、プラントベース食が動物性食品を含む食事よりもパフォーマンスに有利に働くというエビデンスはありませんが、筋肥大や高いレベルでのパフォーマンスの発揮に有効だとする報告は増えています。

 また、これまでの研究の多くは、ベジタリアンやヴィーガンのアスリートにみられる栄養素不足の予防に主眼を置いていましたが、「今後は、最高のパフォーマンスを発揮するための、最適の量を把握することが大切である」と、ユーケンドルップ教授は話します。

 それを考えると、プラントベース食はスポーツの世界でも、当たり前の選択肢の一つになってきたといえるでしょう。

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビーリーグワン・埼玉パナソニックワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)など。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集