[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織のグランドスラム制覇は「遠くない」 専門家がマレー戦から見出した光明とは

「単発的に脅威を与えるプレーはあったが」…完璧な準備ができていなかった

「試合を通してみると、マレー選手がコントロールしていて、タイブレークの場面でも平常運転でした。選択肢的にも余裕を持ちながらプレーしているように見えました」

 一方で、錦織には試合を通してのゲームコントロールに課題があったという。

「ストロークでのショットの勢い、強引な展開でショートポイント(サービスからなるべく早くポイントを奪う)など、単発的に脅威を与えるプレーもありましたが、タイブレークではマレー選手とは対照的にクライマックスのような鬼気迫る雰囲気がありました。戦術やポイントパターンの良さなどで、1試合を通じたダメージをマレー選手に与えることはできていなかった印象です」

 今回の全仏オープンで、悲願のグランドスラム優勝を果たすことはできなかった。マレーに実力差を見せつけられる格好となったが、四大大会制覇への距離は遠ざかってしまったのだろうか。

「『グランドスラム優勝まで遠かった』と見る人もいるかもしれません。ただ、マレー選手との準々決勝で見えた差を考えると、矛盾しているように思われるかもしれませんが、錦織選手はそこまで遠くない印象を受けます」

 綿貫は後退の可能性について首を横に振った。その原因について、故障による準備不足を挙げる。

「錦織選手は今年に入ってから怪我が続き、手首の痛みもありました。5月のイタリア国際が全仏の前哨戦のはずでしたが、3回戦で敗退したため、試合勘の欠如からジュネーブ・オープンにエントリーしました。2回戦、3回戦と勝利して試合勘に関する自信を手にできた半面、2試合フルセットを戦ったことで、手首に負担をかけることになりました。体力面で見ても、マレー戦の最後はスタミナ切れになってしまった。怪我が主な理由とはいえ、今は後手後手に回っています。グランドスラム優勝を見据えた完璧な準備ができれば、状況は一気に好転する期待があります」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集