[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 日本代表元主将が語る、なぜオールブラックスは強いのか― 「代表にかけている…」

日本代表元主将が語る、なぜオールブラックスは強いのか― 「代表にかけている…」

ラグビー日本代表は3日、東京・味の素スタジアムでニュージーランド代表と対戦する。W杯2連覇中で世界ランク1位のオールブラックスとの激突は2013年以来5年ぶり。過去日本代表は5戦全敗だが、2019年に日本でのラグビーワールドカップ(W杯)を控えるジェイミージャパンが“最強軍団”にどこまで対抗できるのか。「THE ANSWER」では元日本代表主将の菊谷崇氏に試合の展望を聞いた。

菊谷氏も出場した2013年のオールブラックス戦、日本は6-54で大敗を喫した【写真:Getty Images】
菊谷氏も出場した2013年のオールブラックス戦、日本は6-54で大敗を喫した【写真:Getty Images】

5年ぶりのオールブラックス戦を元日本代表主将・菊谷崇氏がプレビュー

 ラグビー日本代表は3日、東京・味の素スタジアムでニュージーランド代表と対戦する。W杯2連覇中で世界ランク1位のオールブラックスとの激突は2013年以来5年ぶり。過去日本代表は5戦全敗だが、2019年に日本でのラグビーワールドカップ(W杯)を控えるジェイミージャパンが“最強軍団”にどこまで対抗できるのか。「THE ANSWER」では元日本代表主将の菊谷崇氏に試合の展望を聞いた。

 10月26日に大阪・花園ラグビー場のこけら落としとして開催された世界選抜との一戦では28-31と善戦。急造チームとは言え、世界トップクラスのタレントを揃えた相手に善戦した。まず菊谷氏は同戦を振り返り、オールブラックス戦のカギを探った。

「世界選抜はインパクトのある選手が多くて、特に左ウイングの選手(テヴィタ・リー)を止めきるのが難しかった。オールブラックスにはもっと強力なランナーが多くいる中でディフェンスの精度を、いかにもう一度高めるかが必要になってくる。(世界選抜は)後半足が止まった分、点差では競ったゲームになった。オールブラックスは80分間しっかり走ってくる。油断はない。そこの部分の反省を生かさないと」

 菊谷氏自身はオールブラックスと2度対戦。2011年のW杯(オーストラリア)では7-83、2013年には6-54と2度とも大敗だった。1995年のW杯(南アフリカ)での対戦では17-145と歴史的な大敗を喫したこともあった。当時と比べれば差が縮まっていることは間違いないが、世界一軍団のストロングポイントをこう表現した。

「基本的にもちろん想像通りの強さです。その中でも個人的に凄いと思ったのはリアクションの速さ。それに対して全員が反応する意識の高さが凄いなと。もちろん強いんです。それは当然として、意識の高さ、リアクション、反応速度が格別に速かった。そこが他国との違いだと思います」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー