[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【アジア大会ライター取材日記】日本がサイ69頭を獲得? マスコットにも順位がある

初優勝を飾り、金メダルとサイのマスコットを獲得したホッケー女子日本代表【写真:平野貴也】
初優勝を飾り、金メダルとサイのマスコットを獲得したホッケー女子日本代表【写真:平野貴也】

山縣は「ビンビン」のはずが「アトゥン」をもらい「インコが良かったです」

 女子ホッケーの写真を見ていただくと、金メダルなのでサイのマスコットを手にしています。しかし、ときには間違ってしまうこともあるようです。陸上競技の男子100メートルで銅メダルを獲得した山縣亮太選手(セイコー)は、本来なら鳥のビンビンのはずが、鹿のアトゥンを手渡されていました。「もらったの、鹿でしたね。オレ、インコが良かったです」と残念がっていました。山縣選手は男子400メートルリレーでは1走を務めて金メダルを獲得。今度は、サイのカカをもらいましたが、結局、鳥のビンビンはもらえなかったようです。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 日本は31日の競技終了時点で、山縣選手のようなケースがなければ、69頭のサイをゲットしていることになります(実際は、チームスポーツだと人数分になるでしょうから、何頭になるんだろうか……)。ところで、普通、記事にする場合、マスコットの紹介は大会前か序盤に行うものです。大会が終わろうとしているときにマスコットの紹介をしても、もう見る機会がほとんどありませんから。それなのに、あえて大会の終盤に書いたのはなぜか。なぜでしょう(あと1日、どうやって誤魔化そう……)。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集