[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心は「90%のアンチ」を覆せるか 世界の「帝拳」が描く強力なプロモート方針

キックボクシング界で“神童”と呼ばれた那須川天心が9日、東京・後楽園ホールで日本ボクシングコミッション(JBC)のB級プロテストに合格した。4月に6回戦でボクシングデビューを予定。高い潜在能力と知名度を持ち、スーパースター誕生の期待がかかる。所属する帝拳ジムの本田明彦会長は、今後のプロモート方針を明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

後楽園ホールで行われたプロテストに合格した那須川天心【写真:浜田洋平】
後楽園ホールで行われたプロテストに合格した那須川天心【写真:浜田洋平】

「宝物を預かった」、帝拳・本田会長が描く那須川天心のプロモート

 キックボクシング界で“神童”と呼ばれた那須川天心が9日、東京・後楽園ホールで日本ボクシングコミッション(JBC)のB級プロテストに合格した。4月に6回戦でボクシングデビューを予定。高い潜在能力と知名度を持ち、スーパースター誕生の期待がかかる。所属する帝拳ジムの本田明彦会長は、今後のプロモート方針を明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 那須川は異例の大注目を浴びたプロテストを突破した。報道陣、関係者ら100人近くが集結。計量は58キロで終え、筆記試験はわずか1問ミスの97点。検診もクリアした。日本バンタム級1位・南出仁(セレス)と3ラウンドのスパーリングでは、ジャブやボディーワークなどで抜群のスピードを披露。シャドーでも綺麗なパンチを打ち込み、ライセンスを取得した。

 格闘技47戦無敗(キックボクシングは42戦)のままプロボクシングに転向する。今後は山中慎介氏や村田諒太など、多くの世界王者を生んだ名門・帝拳ジムに所属。「凄い宝物を預かった」と、数々のビッグマッチを手掛けてきた75歳の本田会長が神童をプロモートしていく。

 バンタム級かスーパーバンタム級を主戦場とし、4月のデビュー戦は6回戦(6ラウンド)を予定。本田会長は元世界6階級制覇王者オスカー・デ・ラ・ホーヤ、同5階級制覇王者フロイド・メイウェザーら世界的選手を引き合いに、那須川の育成方針を明かした。

「デ・ラ・ホーヤ、メイウェザーだって最初は4回戦や8回戦の試合をずっとやってきました。ワシル・ロマチェンコは10回戦でデビューしましたが、アマチュア戦績(391勝1敗)が凄いから異常なだけです。天心はボクシング素人。本当は地道に行きたいですが、今の時代はそうはいかない。6回戦に勝てば8回戦。理想は1年以内に日本タイトルにいきたいです」

 期待の高い選手はデビュー数試合でタイトルマッチ挑戦を求められる現代。「こちらは育てないといけないので、大きなリスクはとらないです」としつつ、「他の選手のようにじっくりとはいかない。安全牌ではいけません。それは(那須川には)可哀想ですが、本人の実力を見ながら相手を探していきます。成長具合に応じて決めていく」と考えを明かした。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集