[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子、35歳でも輝く存在感の背景 大スランプの6年前、名伯楽に教えられた気と技

今季国内女子ゴルフツアー第6戦の富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(埼玉・石坂GC)は、上田桃子(ZOZO)の逆転優勝で幕を閉じた。35歳でツアー通算17勝。若手が台頭するツアーでその存在感は増すばかりだ。上田のコーチを務める辻村明志氏も「THE ANSWER」の取材に「桃子は年々、進化しています」と明言。上田がスランプに苦しんでいた30歳の時、復活のきっかけになった出会いについても語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

35歳でも存在感を増す上田桃子(右)。辻村明志コーチが復活のきっかけになった出会いを語った【写真:ゴルフダイジェスト社提供】
35歳でも存在感を増す上田桃子(右)。辻村明志コーチが復活のきっかけになった出会いを語った【写真:ゴルフダイジェスト社提供】

辻村明志コーチが証言

 今季国内女子ゴルフツアー第6戦の富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(埼玉・石坂GC)は、上田桃子(ZOZO)の逆転優勝で幕を閉じた。35歳でツアー通算17勝。若手が台頭するツアーでその存在感は増すばかりだ。上田のコーチを務める辻村明志氏も「THE ANSWER」の取材に「桃子は年々、進化しています」と明言。上田がスランプに苦しんでいた30歳の時、復活のきっかけになった出会いについても語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 優勝した上田は、1番パー5から“気迫”と高度な技術を見せていた。グリーン右奥に切られたピンまで残り210ヤード。2オン狙いで構えたライは左足下がりだった。ここで上田は5番ウッドを左サイドに振り切り、鮮やかなフェードでボールをピン上4メートルにつけた。そして、1パット。前日から「優勝するためにイーグルを取る」と言っていたが、有言実行で首位に立った。

 辻村氏は「ここに桃子の進化がある」と証言した。

「まさにオフの取り組んできたことの1つが、これでした。ドローヒッターである桃子にとっては、左足下がりで右に切られたピンを狙うショットは最も難しいこと。でも、『苦手』で片づけず、懸命にフェードボールも練習してきました。年々、進化はしていますが、そこに気迫も感じさせた最高のショットでした」

 辻村氏は上田をコーチして約8年になる。13年11月、上田は米女子ツアーのシード権を失った状態で帰国。国内ツアーのシード権を懸けて大王製紙エリエールレディスに出場し、旧知の辻村氏がキャディーを務めた。この試合で上田は3位に入り、賞金ランク48位でシード権を獲得した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集