[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「東京五輪で落下してよかった」 あの悲劇から92日、内村航平がやっと肯定できた理由

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」を配信してきた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第27回は、体操・内村航平(ジョイカル)が登場する。

10月の世界体操鉄棒決勝、完璧な着地を決め、渾身のガッツポーズをした内村航平【写真:Getty Images】
10月の世界体操鉄棒決勝、完璧な着地を決め、渾身のガッツポーズをした内村航平【写真:Getty Images】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第27回は体操・内村航平

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」を配信してきた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第27回は、体操・内村航平(ジョイカル)が登場する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 鉄棒で出場した東京五輪はまさかの落下で予選落ちしたが、10月の世界選手権(福岡・北九州市立総合体育館)は完璧な着地を披露した。東京五輪の悲劇から92日後に失敗を肯定できた理由とは。かつての絶対王者から滲み出た「泥臭さ」に痺れた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

「完璧」だけがいつも正解というわけではない。ミラーボールに照らされた華やかな試合会場。その端で、鉄棒決勝を終えた内村が頭を下げた。国際体操連盟の渡邊守成会長、福岡県知事、北九州市長に大会開催への礼を伝える。そして、一言添えた。

「五輪の予選で落ちてよかったです」

 7月24日、東京五輪はまさかの途中落下で予選落ちした。32歳、両肩痛など満身創痍の状態が続き、2020年から鉄棒に専念。「結果が全て」と当たり前に口にしてきた言葉を実行できなかった。4大会連続で出場した大舞台は、最も不本意な結果で終戦。失意に暮れた。

 団体戦に臨む後輩たちを想い、気持ちを切り替えてバックアップ。五輪後は生まれ故郷の北九州市で行われる世界体操を目指した。ただ、全身の痛みが和らぐことはない。「気持ちを押し上げることができなくて、練習もうまくいかない。着地するのもいっぱいいっぱい。(五輪以降は)一回も止まってないし、止められる次元じゃない」。心も上向かず、9月の全日本シニアは着地で尻もちをついた。

 五輪と世界選手権を合わせて前人未到の8連覇、リオ五輪男子団体は金メダル。個人総合40連勝の金字塔を打ち立て、全てを手に入れた。戦績を一覧にすれば、まばゆい文字列が並ぶ。そんな栄光に彩られた「キング」が何もかも上手くいかず、泥臭い毎日を過ごした。

 初めて味わうような苦しい日々でも、見えたものがある。

「結果以上のものを体操で出したい」

 練習はしんどい。でも、体操が好き。辞める必要はない。見る者を楽しませるという「魅せる演技」の本質を追い求めた。世界体操の予選を演じ切ると、万雷の拍手が降り注いだ。

 決勝もこれ以上ない完璧な着地を披露。離れ技は減点されたが、最後のコンマ何秒で魅せきった。「会心の一撃だと思う」。筋骨隆々の体で表現した渾身のガッツポーズ。大会中、最も大きな歓声が上がり、テレビ解説で訪れていた後輩の白井健三も中継ブースで涙を拭っていた。海外選手団も立ち上がって喜ぶ。敵も味方も関係なく、体操界の歴史に名を刻む男が3000人の視線を独り占めした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集