[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、40歳になっても殴り合うのか ナイジェリア育ちの異色ボクサーが生き抜く死線

まだ殴り合う。その気力はどこから来るのか。ボクシングの元日本スーパーライト級王者・細川バレンタイン(角海老宝石)、40歳。3日のライト級(61.2キロ以下)ノンタイトル10回戦(東京・後楽園ホール)を前に、大ベテランになっても過酷な競技に打ち込む理由、本音語りのYouTubeへのこだわりなどを語っていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

ボクシングの元日本スーパーライト級王者・細川バレンタインが40歳になっても戦う理由【写真:浜田洋平】
ボクシングの元日本スーパーライト級王者・細川バレンタインが40歳になっても戦う理由【写真:浜田洋平】

YouTube登録者数4万4000人、40歳の「バレンさん」が戦う理由

 まだ殴り合う。その気力はどこから来るのか。ボクシングの元日本スーパーライト級王者・細川バレンタイン(角海老宝石)、40歳。3日のライト級(61.2キロ以下)ノンタイトル10回戦(東京・後楽園ホール)を前に、大ベテランになっても過酷な競技に打ち込む理由、本音語りのYouTubeへのこだわりなどを語っていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】日本の闘将が“遠藤の後継者”に指名 川崎22歳の芸術弾に闘莉王氏「簡単じゃない」

 1981年4月16日生まれ。日本人の母とナイジェリア人の父を持ち、宮崎県で生まれながら6歳までは父の母国で育った。7歳から15歳は祖父母のいた宮崎、19歳までは再びナイジェリアで生活した。22歳頃までラッパー、外資系金融機関の営業マンの傍ら2006年に25歳でプロデビューした異色のボクサーだ。中量級を主戦とし、17年に36歳で日本スーパーライト級王座を奪取。2度の防衛に成功した。

 この階級では低い身長163センチ。リーチ差があっても、大きな相手に捨て身で飛び込んでいく。リングで見せる獰猛な風貌とは裏腹に、軽妙な口ぶりの明るいキャラクター。周囲には「バレンさん」と呼ばれるなど人望も厚く、国内のボクシングファンの人気を集めてきた。最近では、自身のYouTubeチャンネル「前向き教室」の登録者数が4万4000人を超え、的を射た本音語りが競技の枠を越えて注目を浴びている。

 3日は前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)との一戦。ともに前戦に敗れた後の再起戦だったとはいえ、元世界王者で今もなお国内トップクラスの実力を持つ伊藤との試合は期待値が高かった。一般チケットは2日間で完売。試合前日の計量後、細川は「プロボクサーとしての価値」を感じていた。

「みんなに興味を持っていただいている。これ、今だと世界戦に行くぐらいの子しか感じられないんじゃないかな。その場(世界戦)に行ってもいないのにできているのは、僕と伊藤君がプロモーションをしっかりできていたからなのかなと。本来、ボクシング界としては負けた者同士の試合で得られるメリットってそんなにないと思うんですよ」

 19年4月には井上尚弥のいとこでもある井上浩樹(大橋)、昨年9月には吉野修一郎(三迫)など強者と拳を交えてきた。ともに判定負けを喫したが、40歳となっても好カードに恵まれることに「俺は嬉しい」と笑う。そこにあるのはプロボクサーとしての喜びとプライド。リモート取材でパソコン画面に映る記者たちへ「ちょっと考えてみてほしいんですよ」と投げかけた。

「自分が40歳になってね、プロボクシングをやっていると考えてみてほしいんですよ。クオリティーの高い選手たちと組まれています。ただ、消化試合と見られているわけじゃなくて『どっちが勝つの?』って言われながらの試合。正直、その状況にいられる自分はやっぱり嬉しいですよ、本当に。

 凄く強い子と組まれたから嫌だとか、大変だとかそんなのは思わない。むしろありがたいですよね。もし皆さんもプロボクサーだったらね、この気持ちはわかってもらえるんじゃないかな。みんなが期待してくれているって、そんなこと自体あまりないじゃないですか。確かにね、40歳を超えた他のボクサーもいますよ。でも、こういうステージで戦えているとは、俺は思わないです。なのでそこは嬉しい」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集