[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

THE ANSWER編集部・鉾久 真大の記事一覧

  • 世界を渡り歩いて「日本が最もレベルの高いリーグだ」 元オリックス助っ人が日本で学んだ規律、敬意、献身

    2024.03.08

    2012年から2015年まで、プロ野球のオリックスでプレーしたアレッサンドロ・マエストリ氏が京セラドーム大阪に帰ってきた。イタリア生まれ、イタリア育ちで初のNPB選手となったマエストリ氏は、7日まで行われた「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」で欧州代表の投手コーチを務めた。「THE ANSWER」の取材に対し、日本での思い出や欧州野球の発展のために日本ができることを語ってくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • 青学大・西川の超美技は「アメージング」 完全リレー打破未遂、安打阻まれた欧州代表1番も脱帽

    2024.03.08

    野球の「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」第2戦が7日、京セラドーム大阪で行われ、日本代表・侍ジャパンが6投手の継投による完全試合を達成。2-0で2連勝した。7回に強打を放つも中堅手の西川史礁外野手(青学大)の好捕に阻まれた欧州代表の1番デラノ・セラサ外野手(オランダ)も「アメージング。ナイスキャッチ!」と脱帽した。

  • 侍Jの相手コーチ、22年前に日本の社会人野球で学んだ「G.I.N.K」の意味 今も帽子に刻む“信念”

    2024.03.07

    6日から始まった「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」のために来日した欧州代表に、日本の野球を知るコーチがいる。イタリアとブラジルの二重国籍を持つルイス・カマルゴ三塁コーチは、1998年から2002年まで5年間、社会人野球・三菱重工広島でプレー。オーストリアの球団で監督を務める47歳が「THE ANSWER」の取材に応じた。インタビューを前後編でお届けする。後編では、帽子の裏に刻まれた「G.I.N.K」に込められた日本語の意味について。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • 欧州代表コーチが日本語ペラペラの理由は「宇多田ヒカル」 社会人野球を経験、今なら分かる「嫌いだった」猛練習の意味

    2024.03.07

    6日から始まった「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」で侍ジャパンと対戦する欧州代表に、流ちょうな日本語を操るコーチがいる。イタリアとブラジルの二重国籍を持つルイス・カマルゴ三塁コーチだ。1998年から2002年まで5年間、社会人野球・三菱重工広島でプレー。現地で「THE ANSWER」の取材に応じた47歳のインタビューを前後編でお届けする。前編では、22年ぶりの日本で呼び起された記憶と「宇多田ヒカル」の影響について。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • 日本で食べた「和牛が大好きなんだ」 有給休暇中に侍Jと対戦した“チェコ消防士投手”の奮投

    2024.03.07

    野球の「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本 vs 欧州代表」が6日、京セラドーム大阪で行われ、日本が5-0で勝利した。欧州代表の2番手として登板したマルティン・シュナイダー投手(チェコ)は日本滞在中に誕生日を迎え、大好物の和牛で祝福された。普段の仕事は消防士。有給休暇を取得して大阪のマウンドに立った。

  • MLBも注目する日本の21歳が侍デビューへ 剛速球受けた坂倉仰天「こんなに速く球が着くのかと」

    2024.03.06

    6日から始まる「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」で“世界デビュー”が期待されるのがオリックスの山下舜平大投手だ。MLB公式サイトもすでに熱視線を送る21歳右腕。前日練習のブルペンでボールを受けた広島・坂倉将吾捕手も「もう凄かった。とにかく近く感じた」と驚きを語った。

  • WBCチェコ監督、待望の再来日も「患者24人が待っている」 愛する日本に長居できない切実な事情

    2024.03.05

    昨年3月の野球ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で一躍有名になったチェコ代表のパベル・ハジム監督が日本に帰ってきた。「必勝ハチマキ」で話題になった名物監督は、今月6、7日に行われる「カーネクスト侍ジャパンシリーズ2024日本vs欧州代表」の欧州代表一塁コーチとして再来日。「第二の故郷」と愛する日本に滞在できることを喜びつつ、「患者が待っているので……」と長居できない切実な事情を明らかにした。(取材:THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • 帰ってきたWBCチェコ監督に大阪で直撃 母国ではWBC物語が書籍化「日本でも出版したいんです」

    2024.03.05

    昨年3月の野球ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で一躍有名になったチェコ代表のパベル・ハジム監督が日本に帰ってきた。侍ジャパンとの対戦から1年、漢字の「必勝ハチマキ」で注目を浴びた名物監督は今月6、7日に行われる「カーネクスト侍ジャパンシリーズ2024日本vs欧州代表」の欧州代表一塁コーチを務める。「日本は第二の故郷。戻ってこられてとても幸せです」と再来日に溢れんばかりの笑顔を見せた。神経科医との兼業でも話題になったハジム氏を、4日に練習試合が行われた大阪・京セラDで「THE ANSWER」の記者が直撃。日本の思い出や、WBC後のチェコ野球の変化を聞いた。母国では、WBCの躍進を伝える書籍が登場。「もし興味を持ってくれる出版社があれば……」と日本でも出版されることを熱望した。

  • WBCで佐々木朗希撃ち、チェコ25歳が大阪で豪快3ラン 欧州野球のため打倒・侍へ「戦えること示したい」

    2024.03.04

    今月6、7日に京セラDで行われる「カーネクスト侍ジャパンシリーズ2024日本vs欧州代表」に向け、欧州代表が4日、同球場で練習試合を行った。今季からウエスタン・リーグに参入するくふうハヤテ相手に4-4で引き分け。0-4の8回には、チェコ代表として昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場したマレク・フルプ外野手が左越え3ランを放って反撃ムードを作った。WBCで“佐々木朗希撃ち”を果たした25歳は、大阪での9年前の思い出を胸に打席に立った。

  • 初めて歩き、すぐに階段を上った1歳の愛娘 西山雄介が引退撤回して東京マラソンを激走した理由

    2024.03.04

    東京マラソンは3日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、男子の西山雄介(トヨタ自動車)が自己ベスト2時間6分31秒で日本人トップの9位だった。今夏のパリ五輪残り1枠を懸けた最終選考レース。設定記録2時間5分50秒を切った日本人最上位が内定だったが、西山は41秒届かず、悔し涙を流した。途中の転倒を言い訳にせず、貫いた自分の走り。一時は引退を考えたが、踏みとどまった裏には愛娘と妻の存在があった。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久 真大)

  • 敵将も「止める術見つからなかった」と脱帽 ホーバス監督が「嬉しい」と称えた馬場雄大の“深化”

    2024.02.27

    男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。馬場雄大(長崎)が両チーム最多の24得点と大暴れ。敵将が「止める術を見つけられなかった」と脱帽した活躍の裏には、トム・ホーバス監督が「本当に嬉しい」と称賛した“バスケットの深化”があった。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • ホーバス監督に「使いたかった」と言わしめた18歳 200cm川島悠翔が秘める“日本の鍵”の可能性

    2024.02.26

    男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。日本がアジアカップより上位レベルの主要国際大会で中国に勝利したのは1936年のベルリン五輪が最後。“88年ぶり”の中国戦勝利となった。この試合では出番がなかったものの、トム・ホーバス監督が「本当に使いたかった」と評価したのが18歳の川島悠翔。A代表デビューを果たしたばかりの有望株に、大きな期待が寄せられている。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • 日本の窮地救った残り73秒のビッグプレー 中国PGを罠にはめたホーキンソン「彼を驚かせたと思う」

    2024.02.26

    男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。3点差に追い上げられた試合終了残り1分13秒。日本はジョシュ・ホーキンソン(SR渋谷)と比江島慎(宇都宮)がダブルチームを仕掛けてボールを奪取。そのままホーキンソンが豪快なダンクを叩き込み、試合を決定づけた。相手に傾きかけた流れを引き戻すビッグプレー。本人も「大きなターニングポイントだった。勝利を確実なものにできて、嬉しく思うよ」と胸を張った。

  • バスケ日本、88年ぶり中国撃破の裏に“外国人慣れ”の強味 ホーバス監督「Bリーグは凄く助かる」

    2024.02.25

    男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。FIBA公式サイトによると、日本がアジア大会以上の国際大会で中国に勝利したのは1936年のベルリン五輪が最後。“88年ぶり”の中国戦勝利となった。国内組だけで戦い抜いた一戦。トム・ホーバス監督は「Bリーグは外国人選手もいっぱいいるから選手たちが慣れた。そういう部分は凄く助かった」とフィジカルで圧倒されなかった理由を述べた。

  • 「日本を誇らしい気持ちに」 帰化して背負った初の日の丸、監督も称えたハレルソンの熱い心構え【バスケ・アジアカップ予選】

    2024.02.23

    男子バスケットボールのFIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1が22日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同76位のグアムに77-56で勝利した。昨夏のワールドカップ(W杯)以来となるホーバスジャパンの一戦。昨年9月に日本国籍を取得して代表デビューとなったジョシュ・ハレルソン(佐賀)は「日本を誇らしい気持ちにさせたい」と強い意志を持って試合に臨んだ。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • バスケ河村勇輝は「サメだ」 攻守で勝利貢献、ホーバスHCが絶賛した姿「彼は水中で血の匂いを…」【アジア杯1次予選】

    2024.02.23

    男子バスケットボールのFIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1が22日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同76位グアムに77-56で勝利した。昨夏のワールドカップ(W杯)以来のホーバスジャパンの一戦。チーム最多15得点の河村勇輝(横浜BC)をトム・ホーバス監督も「攻守でゲームを変えられる選手」「サメのよう」と果敢なプレースタイルを絶賛した。

  • 21点差大逆転、富樫勇樹とMr.ジェッツが背中で導いた決勝への道 敵将も脱帽「褒めないといけない」

    2024.02.15

    バスケットボール男子の天皇杯全日本選手権は14日に準決勝を行い、船橋アリーナでは連覇を狙う千葉ジェッツが宇都宮ブレックスに78-72で勝利し、決勝進出を決めた。昨年の準決勝と同カードとなったBリーグの名門同士の一戦。最大21点差を逆転した千葉を牽引したのは、2人のベテランの存在だった。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • 脚トレの日は「歩いて帰れたら失敗」 鼻血を出すことも…酒もタバコも断った最強公務員の体づくり

    2024.02.12

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のJAPAN PRO GRAND PRIXが昨年12月10日、東京・TFTホールで開催され、プロ資格を持つ肉体美自慢が全国から集結した。クラシックスポーツ部門では33歳の公務員・近藤孝仁が優勝。以前はコンプレックスだった太い脚も、コンテストでは大きな武器に。「歩いて帰れたら失敗」という気持ちで積み重ねた下半身トレーニングの成果をステージの真ん中で披露した。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集