[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

突然、躍った「美女ボクサー」の見出しに戸惑い 高校生でプロになった女子ボクサー稼業の裏側――ボクシング・鈴木なな子

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。6日目はプロボクシングの日本女子ミニマム級王座に君臨した鈴木なな子(三迫)が登場する。

大学4年生で日本チャンピオンのベルトを巻いた鈴木なな子【写真:アフロスポーツ】
大学4年生で日本チャンピオンのベルトを巻いた鈴木なな子【写真:アフロスポーツ】

THE ANSWER的 国際女性ウィーク6日目「女性アスリートと体重管理」鈴木なな子インタビュー前編

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。6日目はプロボクシングの日本女子ミニマム級王座に君臨した鈴木なな子(三迫)が登場する。

【注目】“くいこみ”や“生理のモレ”の不快感を軽減 ワコールの新感覚ショーツに福士加代子さんが感動

 テーマは「女性アスリートと体重管理」。体重が軽いと有利とされる競技では厳しい減量を求めるあまり、無月経、疲労骨折、摂食障害などの健康障害が引き起こされる例が少なくない。階級別のスポーツとして男女ともに17つにクラスが分かれ、体重管理が競技の前提として成り立っているボクシング。高校3年生でプロデビューし、「女子高生ボクサー」として注目を集めた鈴木は、キャリア通算9試合の減量をこなしながら、ミニマム級(47.62キロ以下)で日本チャンピオンを経験している。

 前編では、プロボクシングを選択した道のりについて迫った。フルコンタクト空手から転向し、デビュー直後は「美女ボクサー」と報道され、チケットの手売り、スポンサー集めなどプロボクサー特有の経験に戸惑いながら、大学4年生でチャンピオンベルトを巻くまでを振り返った。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 インスタグラムを覗けば、中目黒のイタリアンを満喫したり、代官山のヘアサロンでカラーを楽しんだり、トレンドに敏感そうな女子が映っている。しかし、リングにひとたび上がれば豹変する。接近戦で打ち合い、獰猛に拳を振り抜く。

 鈴木なな子、23歳。

 東京・練馬、所属する三迫ボクシングジムで行ったインタビュー撮影。「私、ピンクが好きなので」とガーリーなカラーのマイグローブでポーズを取った彼女は、日本チャンピオンのベルトを巻いたこともある、現役プロボクサーである。

 直接打撃があるフルコンタクト空手を4歳から始めた。家の近所に道場があり、外から見える風景に惹かれた。「座っているよりも動いている方が好きなタイプ。ピアノとかよりも格闘技とかの方が興味があったんだと思います」。週6日通い、高校2年生で関東で優勝するほどの腕前になった。

 転向のきっかけは高校1年生の時。空手のパンチ上達のためにボクシングを習い始めた。「小学生の頃は深く考えずに練習していたけど、高校生になると考えてやらなきゃいけない。新しい感覚で、面白くて」。拳ひとつで殴り合い、雌雄を決する。ボクシングの分かりやすさも魅力に映った。

「空手は1試合2分で、審判が5人いて、旗が3本上がればいい。最後の20秒ラッシュしたら勝てることもあるし、流派も多い。関東で勝ったといっても『いっぱい流派あるし……』と思って言いづらかった。ボクシングは長いラウンドの総合で見るし、流派みたいなものはない。分かりやすいなって」

 2年生の春に空手の道着は脱いだ。高校にボクシング部がなかったため、アマチュアではなく、プロテスト受験を決意。女子選手が多いワタナベボクシングジムに入門した。似て非なる競技。しかし、感覚を掴むまでにした苦労すらも面白かった。

「空手と似ていると思ったら全然違って最初は難しかった。空手っぽいと、ずっと言われましたね。空手は顔のパンチがないから(相手との)距離を近く取ってしまう。しかも、2分間の一発勝負だからみんなガツガツ行く。そういう癖がありました」

 それでも徐々に適応し、半年後に見事プロテストに合格した。

「プロになる以上は必ず、何かしらのベルトを巻きたい」。そう決意して迎えた高校3年生の2017年5月、デビュー戦・児玉このみ戦(後楽園)で判定勝ち。翌年2月の2戦目、のちのOPBF東洋太平洋女子ミニマム級王者・廣本江瑠香には敗れたものの、立大に進学後は着実にステップアップした。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集