[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「生理なので帰りますって、はっきり言います」 1か月で6kgを落とす女子プロボクサーの減量術――ボクシング・鈴木なな子

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。6日目はプロボクシングの日本女子ミニマム級王座に君臨した鈴木なな子(三迫)が登場する。

鈴木なな子が明かす女子プロボクサーの体重管理術とは【写真:松橋晶子】
鈴木なな子が明かす女子プロボクサーの体重管理術とは【写真:松橋晶子】

THE ANSWER的 国際女性ウィーク6日目「女性アスリートと体重管理」鈴木なな子インタビュー後編

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。6日目はプロボクシングの日本女子ミニマム級王座に君臨した鈴木なな子(三迫)が登場する。

【注目】“くいこみ”や“生理のモレ”の不快感を軽減 ワコールの新感覚ショーツに福士加代子さんが感動

 テーマは「女性アスリートと体重管理」。体重が軽いと有利とされる競技では厳しい減量を求めるあまり、無月経、疲労骨折、摂食障害などの健康障害が引き起こされる例が少なくない。階級別のスポーツとして男女ともに17つにクラスが分かれ、体重管理が競技の前提として成り立っているボクシング。高校3年生でプロデビューし、「女子高生ボクサー」として注目を集めた鈴木は、キャリア通算9試合の減量をこなしながら、ミニマム級(47.62キロ以下)で日本チャンピオンを経験している。

 後編は、今回のテーマである体重管理について。大学の卒論で「減量とパフォーマンス」を研究した鈴木。試合前は1か月で6キロを落とすルーティンを明かし、女性アスリートは避けられない減量中の月経とコンディショニングについて自身の体験や考えを語ってくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 大学4年生の12月、ボクシングの日本ミニマム級王者に上り詰めた鈴木なな子が、同時期に卒論を書いていた。

 テーマは「減量とパフォーマンス」。

 立大のコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科に在籍。研究を2万字を超える内容でまとめ、卒業した。

「競技で必ず減量はついてくる。最低限の知識は知っておかないとダメだと思って書きました。アルバイトでキックボクシングジムのトレーナーもやっているので。内容としては、ナチュラルウエイトで試合に出るのと、きつい食事生活で減量して試合に出るのでは、どちらがパフォーマンスに有効か、脳の回路の動きが良いか、というもの。論文を引っ張り出したり、ジムの人たちに聞いて回ったりして、減量しているチームの方が動きが良いという結論を出しました」

 それほど体重コントロールに関心が強い鈴木に自身の減量スタイルを聞いた。

 ベースは「試合前1か月で6キロ」。身長157はセンチ。体重53キロ台からミニマム級のリミット、47.62キロ以下に落とす。

「女子選手としては(減量幅は)多い方ですが、それは普段、私がめっちゃ食べているので。ちょっと調整をすれば、すぐに落ちるので。男子が1か月で6キロを落とすのとは違います」と言うものの、減量はボクサーの使命。計量で体重超過を犯せば、興行が成り立たず、ボクサーとしての信頼が失墜する。それほど競技における体重コントロールは大切なものだ。鈴木も高校3年生でデビューして以来、キャリア9戦、自分の体と向き合ってきた。

 減量期の基本は、ジムワークとランニングなどの有酸素トレーニング。食事は1日3食。実家暮らしだが、家族とは別に自分で食事を用意する。

 その日の練習による消費カロリーも考えながら、1日で多くて1600キロカロリーを摂る。油ものは避けるなど、配慮しながら「朝と昼は500キロカロリー、夜は600キロカロリー」。20代の女性は1700~2000キロカロリーが目安とされており、運動量を考えれば体重は減っていく。

 体重計は朝と夜の1日2回。2週前になると、練習前も加えて3回に。減量中は常に空腹。ガム、炭酸水、蒸し野菜を食べるなど工夫する。試合前日にある計量前は、意図的に脱水状態にして体重を落とす“水抜き”を行う。鈴木の場合は岩盤浴で汗を出し、仕上げの1.5キロを落とす。

「基本は毎日同じカロリーを摂っているけど、落ち良い日と悪い日はある。それでも、今まで減量で失敗したことはないので、うまくやれていると思います」

 鈴木の話を聞いていて、大切に感じることは2つある。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集