[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

突然、躍った「美女ボクサー」の見出しに戸惑い 高校生でプロになった女子ボクサー稼業の裏側――ボクシング・鈴木なな子

プロボクサー稼業で鈴木が感じた戸惑いとは【写真:松橋晶子】
プロボクサー稼業で鈴木が感じた戸惑いとは【写真:松橋晶子】

チケット手売り、スポンサー集め…プロボクサーの“仕事”に戸惑い

 いざ、プロボクサーになって戸惑ったことも少なくない。

 試合のたび「女子高生ボクサー」という肩書きから「美女ボクサー」という容姿にまつわるものまで、「鈴木なな子」の前にいつも枕詞がついた。

「インタビューを受けている時はそんなワードが出てないのに世に出ている記事を見たら、そう書いてあって『おう、そうなるのか』ってビックリ。勝手に『美人』なんて書かれるから『美人じゃなくない?』という意見も出てくる。“可愛い・可愛くない”は人によって基準がある。正直、最初は嫌でしたね」

 チケットは選手自ら手売り。ファイトマネーの2倍の金額分を売るのがノルマだった。チケットは4000~6000円程度で、高校生の友人が観戦するには安くない。「年代的にデビュー戦が一番大変でした。高いチケットを少し、または安いチケットを多く売る形でもいいんですが、ぎりぎりノルマ達成しました」と笑う。

 スポンサー集めも欠かせない。男子の世界戦クラスのボクサーでない限り、ファイトマネーだけで食っていけないのがボクシングの実情。多くの選手は働きながら活動資金を捻出する。トレーニングなどにかかる経費は安くない。だからこそ、ボクサーパンツに企業名を掲出し、支援をしてもらう必要がある。

「やり方は人それぞれ。人脈がある人は紹介してもらったり、SNSで宣伝して集めたり。お酒の場に顔を出す人もいるけど、私はお酒を飲まないし、愛嬌を振りまけるタイプでもないので(笑)。練習で疲れるのは小さい時から経験しているので、スポンサー探しやチケットの手売りの方が精神的には一番疲れました」

「生きていく上で教養は身につけておいた方がいい」と進学した大学時代は学業と競技を両立も苦労した。

 練習時間を捻出するため、5限目の授業は捨ててカリキュラムをやりくり。恵比寿にあるキックボクシングジムのトレーナーとしてアルバイトも並行した。「本当に大変でした。あと1つ単位を落としたら留年というところで、ギリギリで卒業できました」と苦笑いする。

 大学2年までは香港遠征を経験するなど、通算5戦で3勝2敗。大きかったのは3年生になる2020年に現在の三迫ボクシングジムに移籍したこと。

 キャンパスがある新座からの移動の負担を減らすためだったが、当時は女子選手が1人もおらず、男子選手とスパーリングをかわし、出稽古もこなしながら腕を磨く日々。アマチュアで全日本優勝の経験を持ち、のちにWBO世界女子スーパーフライ級王者となる3歳先輩・晝田瑞希も入門し、強い刺激となった。

「練習環境が変わってすごく伸びました。練習環境が変わると、練習のアプローチも変わる。それがすごく自分に合っていて、技術面も精神面も考え方も向上できたし、晝田さんが入ったことも影響を受けました。こんなに強い人でも基礎をこんなにやるんだと間近で見ることで、自分自身も成長できました」

 移籍後2連勝。そして、大学4年生の冬、初めて大舞台への挑戦権を掴んだ。日本ミニマム級王座決定戦だ。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集