[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上界にいまだ残る「不適切な鉄剤注射」 重い貧血に悩んだマラソン有森裕子の警鐘

小出監督に常に言われた「しっかり食べて、しっかり走れ」

「小出監督からは常に『しっかり食べて、しっかり走れ』と指導されました。

 当時の所属選手は私を除き、高卒の選手でしたが、彼女たちは高校までそういった指導をされていないため、体重ばかり気にしていました。食事のコントロールができず、(体重管理のストレスから)お給料を食べたいだけ食べ物につぎ込んだ結果、まったく身体は出来ない。だから故障をするし、走りの状態も糸が切れたようでした。

 私は食事をコントロールできなかったら実業団ではやっていけないとわかっていた。それと、大学を経て、『走り』を『仕事』として、ビシッと取り組めたことが、よかったのだと思います」

 大学まで、全国区の目立った成績のなかった有森さんは、ダメもとで自分を売り込み、それを小出監督が了承するという形でリクルートに入団した経緯がある。半ば押しかけで入団した有森さんだが、入団からわずか3年後、92年バルセロナ五輪に初出場。女子マラソンで銀メダルを獲得し、瞬く間に日本の女子陸上界の歴史に名を刻む存在となった。

「小出監督は大学の寮長だった私を、いずれ、チームのマネージャーにするつもりで獲ったらしいんですけどね。まぁ、ちょっと化けました(笑)」

(16日掲載の後編へ続く)

■有森裕子 / Yuko Arimori

 1966年、岡山県生まれ。元プロマラソンランナー。就実高、日体大を卒業し、リクルート入社。女子マラソンで92年バルセロナ五輪では銀メダルを、96年アトランタ五輪でも銅メダルを獲得。故障やメダル獲得の重圧を背負い臨んだアトランタ五輪のレース後に残した「自分で自分を褒めたい」という言葉は、その年の流行語大賞となる。07年2月、「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。10年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。現在、国際オリンピック委員会(IOC)と活動的社会委員会委員、日本陸上競技連盟副会長、スペシャルオリンピックス日本理事長、ハート・オブ・ゴールド代表理事等の要職を務める。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集