[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジムのマシーントレ「10回×3セット」が基本と聞くけど… 回数増やした方がいい?

「“最後のもう1発”を挙げるかは、メンタルの持ちようにかかってきます」と岡田は語る【写真:荒川祐史】
「“最後のもう1発”を挙げるかは、メンタルの持ちようにかかってきます」と岡田は語る【写真:荒川祐史】

筋肉の限界に近づける、「最後のもう1発」を挙げるかはメンタル次第

 プロレスラーの新弟子たちは、ヒンズースクワットを1000回ぐらいやると聞きます。それこそ、汗の水たまりができるらしい。「僕はプロレスラーじゃないから比べられても……」という人がいますが、言いたいのは人間はそれだけ心のパワーを持っている、ということ。そう簡単に、筋肉の限界がくるはずがありません。心の底から力を出して初めて、筋肉の限界に近づける。そう考えてください。

 苦しい局面を打破し、いかにして「最後のもう1発」を挙げるかは、メンタルの持ちようにかかってきます。

 僕自身は「きつくなってきたな」と思っても「まだ限界まではきてないな」「まだいけるんじゃないか?」と自分自身の限界点を疑い続けることにしています。これが意外と効果的で、1回、2回は多く回数をこなせるし、時には「アレッ!?」と驚くぐらい粘りが利くときもあります。また、そうやって限界を突破していくなかで、まだまだ成長できる可能性と喜びも感じられるのです。

 恐らくあなたの肉体は今、さらなる成長を欲しています。負荷を上げる、回数を増やすなど探りつつ、深く追い込める者のみが手に入れられる「魂の肉体彫刻」を目指してください。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集