[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウサイン・ボルトの記事一覧

  • ボルト、実は意外とやる? 魅惑の“足&頭”にファン恍惚「商業目的から見返せ!」

    2018.03.24

    サッカーに挑戦している元陸上の“人類最速男”ウサイン・ボルトがドイツ1部ドルトムントの練習に参加。海外メディアは華麗な股抜きに加え、豪快なヘディングでゴールを決めた巧みなプレーを動画付きで紹介すると、海外ファンから「素晴らしいインパクト」「ニュースター誕生」「どんなスポーツをやってもレジェンドだ!」との声が上がっている。

  • サッカー挑戦のボルト、世界選抜チームの主将就任発表 6月にイングランド代表と対戦

    2018.02.27

    陸上選手を引退し、サッカー転向が伝えられていた“世界最速男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が27日、6月10日にマンチェスター・ユナイテッドのホーム、オールドトラフォードで行われるイングランド代表vs世界選抜チームに出場し、世界選抜チームの主将を務めることを、自身のツイッターで報告した。

  • ボルト、サッカー転向に本腰!? 強豪クラブ練習参加が話題「マンU移籍の足がかりに」

    2018.01.30

    陸上選手を引退し、サッカー転向も目指している“人類最速男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が南アフリカのクラブチーム、マメロディ・サンダウンズFCの練習に参加。ボールを蹴るなど、本格的なサッカーの練習に参加する姿を、同チームの公式ツイッターが「さぁ練習開始だ! 世界最速の男はリーグで最強の攻撃力を誇るチームに遅れずについてこられるか?」として、動画でアップしている。

  • “ボルト襲名”の衝撃!? 韋駄天FWの“超速弾”に本家も絶賛「名がボルトかのよう」

    2017.12.23

    海外サッカーで超人的なスピードで相手をぶち抜き、仰天のゴールを炸裂させた“野人”が出現。あまりに速すぎる韋駄天に、あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が「その名がウサイン・ボルトであるかのような動きを見せる兄弟、レオン・ベイリーは必見だ」と絶賛。自身のインスタグラムで決定的シーンを動画で紹介し、ファンから「本当にボルトのよう」「ジャマイカの誇りがまた1人」と賛辞を浴びている。

  • ボルトも和服美女がお好き? 世界最速男×舞妓の3ショットに「kawaii」の声

    2017.09.05

    陸上の男子100、200メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が5日、インスタグラムを更新。イベントで京都に来日中の世界最速男は舞妓2人との3ショット写真を掲載し、海外のファンから「kawaii」の声も上がっている。

  • ボルト、引退1年前から衰えを意識!? 「直線に入っても体が反応しなかった」

    2017.08.19

    人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となった。しかし、これまで残してきた数々の功績は決して色褪せない。オリンピック公式サイトも昨年のリオ五輪から1年を経たタイミングで、ボルトの“トリプル・ダブル”達成を紹介している。

  • ボルト、“フットボーラー”としての才能に絶対の自信「ルーニーのレベルにはある」

    2017.08.19

    人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、無類のサッカー好きとして知られる。陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となったが、自身がサッカーに打ち込んだ場合、「ウェイン・ルーニーのレベルにはある」と発言して話題となっている。

  • ボルト、「疑問を持つ人々」に全治3か月の診断結果を発信「いつもの俺なら…」

    2017.08.18

    人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となった。その怪我の状況について、ボルトが自身のツイッターで「全治3か月」だと明らかにした。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版などが報じている。

  • ボルト、派手すぎる“引退パーティー”が話題 英紙「巨大シャンパンと花火の大騒ぎ」

    2017.08.16

    陸上の世界最速男、ウサインボルト(ジャマイカ)は世界選手権(ロンドン)で100メートル銅メダル、ラストランとなった400メートルリレーは決勝で左太もも裏の痙攣により途中棄権という、悲劇の幕切れとなった。しかし、当の本人はすでに気持ちは切り替えている様子で、華やかなパーティーに興じる様子を英メディア各紙が報じている。

  • ボルト「頼らずとも偉大になれると証明した」 引退会見で残した“最後の提言”

    2017.08.15

    人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、ロンドンで行われた陸上の世界選手権を最後に現役引退した。輝かしいキャリアに幕を下ろしたスーパースターは「ドーピング違反者には永久追放を」と“最後の提言”を行ったという。英地元紙「ガーディアン」が報じた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー