[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ帰国、空港で日本ファンに粋な対応 気さくにピースサインで撮影 井上にTKO負けから2日

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。敗れたネリは8日に帰国。空港では日本ファンと記念撮影するなど、気さくなファンサービスも見せていた。

ルイス・ネリ【写真:浜田洋平】
ルイス・ネリ【写真:浜田洋平】

自身のSNSではフェザー級転向も示唆

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。敗れたネリは8日に帰国。空港では日本ファンと記念撮影するなど、気さくなファンサービスも見せていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 井上から初回にダウンを奪うも、その後3度のダウンを喫して逆転で敗れたネリ。東京ドームが大歓声に包まれた2日後、帰国の途についたようだ。

 黒のジャケットにリュックを背負ったネリ。出国前の空港では、日本ファンと記念撮影も行った。笑顔でピースサインを作ってパシャリ。「センキュー」と感謝されると、握手で返していた。

 ネリをプロモートする「VIVAプロモーションズ」が公式Xに映像を公開し、「2日前に日本のスター選手であるモンスター井上と対戦したルイス・パンテーラ・ネリは帰国の際に日本のボクシングファンに空港で見送られた。ルイス・ネリ万歳!」と伝えた。

 ネリは前日7日、自身のSNSを積極的に更新。Xでは「アディオス 122(スーパーバンタム級)」と投稿。さらに拳を突き合わせる絵文字とともに「126(フェザー級)」とも記し、転向を示唆するような内容だった。また、インスタグラムでは「俺たちはまだ最後まであきらめない。つまりここで終わりではない。俺はもっとインテリジェンスに、もっと強くなって帰って来る。メキシコ万歳!」とつづり、再起を宣言している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集