[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリが“悪童脱却”を否定「俺はバッドボーイだ」 ただし怠惰から卒業「結婚する予定だ」

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。敗れたネリは病院に直行したため会見などは行われなかったが、一夜明けて米専門メディア「ボクシングシーン.com」のインタビューに応じている。

ルイス・ネリ【写真:浜田洋平】
ルイス・ネリ【写真:浜田洋平】

井上尚弥に6回TKO負け

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。敗れたネリは病院に直行したため会見などは行われなかったが、一夜明けて米専門メディア「ボクシングシーン.com」のインタビューに応じている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 初回に左フックを井上の顎に着弾させ、ダウンを奪ったネリ。しかし、そこからモンスターに盛り返されると、計3度のダウンを喫し、6回TKOで敗れた。ダメージの色濃いネリは決着後、すぐに立ち上がれず呆然。試合後、井上と健闘を称え合う握手を交わしたが、病院へ直行。関係者からは「本日のネリ選手のインタビューは大事を取って病院に行くため、実施はなしとなりました」とアナウンスされた。

 一夜明けた7日に「ボクシングシーン.com」のインタビューに応じたネリ。敗れたとはいえ、初めて井上からダウンを奪った男になった。「(もし株が上がっているなら)それを利用して、次戦ではもっと良く見えるようにしなければならない。122(スーパーバンタム級)か126(フェザー級)で統一を果たしたい」と語っている。

 同メディアは、35勝(27KO)2敗のネリがフェザー級に転向する見込みであると指摘。2017年8月の山中慎介戦の薬物検査で陽性反応が出たほか、18年3月の再戦は大幅な体重超過でWBC世界バンタム級王座を剥奪された。他にも体重超過を犯した過去があり“悪童”のイメージは根強い。

 マネージャーのショーン・ギボンズ氏によると、現在のネリは規律正しい生活を送っているという。ネリ本人も「真剣に取り組まなければならないことはいつも分かっていた」「俺はそれ(堕落した過去)をすべて手放した。今は自分のキャリアに集中する時だ。俺には3人の娘がいて、結婚する予定だ。だから状況が変わるんだ」と話している。

 一方で“悪童”を脱却するかと問われると「いや、俺はまだバッドボーイだ」と笑ったようだ。「でも、リングの中でだ。昨日、俺はそれを示した。(スティーブン)フルトンや他のみんなのようなことをしに、ここに来たんじゃない。戦いに勝つためにここに来たんだ」と、あくまでボクシングではキャラを貫く方針を示した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集