[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に本気でビビった324発男、ベンチの“ホーム・アローン現象”に実況席が爆笑【二刀流の衝撃2021】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は7月、衝撃的な一発に驚く同僚の様子だ。9日(日本時間10日)に放った飛距離463フィート(約141メートル)の33号ソロには、ベンチで目撃した強打者も目を丸くし、頭を抱えるしかなかった。

7月、同僚も仰天の33号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
7月、同僚も仰天の33号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「大谷翔平の名場面総集編」7月、超特大の33号ソロにベンチの同僚もビビる

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は7月、衝撃的な一発に驚く同僚の様子だ。9日(日本時間10日)に放った飛距離463フィート(約141メートル)の33号ソロには、ベンチで目撃した強打者も目を丸くし、頭を抱えるしかなかった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 通算324本塁打を誇る同僚もビビる、とんでもない一撃だった。マリナーズ戦の3回1死走者なし。大谷が内角高めの球を引っ張った。打球はTモバイルパーク右翼席にあるトップデッキを直撃。飛距離は141メートルだったが、それ以上に感じられる圧巻の打球だった。

 敵地はどよめき、米ロサンゼルス放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況者も絶叫。ベンチで見つめるチームメートは歓喜していたが、中でも強打者アプトンのリアクションが秀逸だった。帽子を脱ぎ、両手で頭を抱え、着弾を確認すると口と目を大きく見開いて驚いている。その後ろのカート・スズキも同様のリアクションだ。

 実際にアプトンが驚愕する映像をカナダメディア「ザ・スコア」公式ツイッターなどが公開。実況席では「ジャスティン・アプトンを見ましたか? ワハハ! 彼は頭を両手で抱えて、ホーム・アローンのマコーレ・カルキンスタイルですよ!」「我が目を疑う表情だ!」と、米コメディ映画「ホーム・アローン」の主人公・ケビン少年のトレードマークの驚きの顔そっくりだと指摘し、大爆笑していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集