[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高木美帆、涙の銀メダル! 日本女子スピード個人初の快挙…Sスケート1500m

高木美帆、涙の銀メダル! 日本女子スピード個人初の快挙…Sスケート1500m

平昌五輪は12日、スピードスケート女子1500メートルが行われ、高木美帆(日体大助手)が1分54秒55で2位に入り、日本女子個人で初の銀メダルを獲得した。

高木美帆【写真:Getty Images】
高木美帆【写真:Getty Images】

1500mで快挙

 平昌五輪は12日、スピードスケート女子1500メートルが行われ、高木美帆(日体大助手)が1分54秒55で2位に入り、日本女子個人で初の銀メダルを獲得した。金メダルはイレイン・ブスト(オランダ)が1分54秒35。日本勢では小平奈緒(相沢病院)は1分56秒11で7位、菊池彩花(富士急)は1分58秒92で16位だった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 高木美は北海道出身。15歳だったバンクーバー大会に出場し、スピードスケート史上最年少記録を樹立。将来を嘱望されてきたが、前回ソチ大会の出場を逃した。しかし、今季は1500メートルでワールドカップ(W杯)4勝を挙げるなど飛躍し、金メダルの最有力候補に挙げられた。

 日本は10年バンクーバー大会の団体追い抜き(小平奈緒、田畑真紀、穂積雅子)の銀メダルが最高、個人では銅メダルを過去に3個獲得していが、銀メダルは初。1位のブストとは、わずか0秒2差、金メダルこそ届かなかったが、女子スピードスケート初の快挙となり、レース後には涙を流した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー