[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「彼が去っていくのを見るのは…」 フェデラー、途中棄権ナダルに“粋なSMS”送信

「彼が去っていくのを見るのは…」 フェデラー、途中棄権ナダルに“粋なSMS”送信

テニスの全豪オープンは大会終盤を迎え、男子シングルスはマリン・チリッチ(クロアチア)が同国出身選手として初の決勝進出。もう1つの椅子を懸けて、26日に世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)と同58位チョン・ヒョン(韓国)が準決勝を戦うが、36歳のレジェンドは準々決勝直後のインタビューで、負傷棄権したライバルのラファエル・ナダル(スペイン)にテキストメッセージを送ったことを明かした。ATP公式サイトが伝えている。

ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

右足負傷で準々決勝敗退、好敵手ナダルの状況を“最終手段”で確認

 テニスの全豪オープンは大会終盤を迎え、男子シングルスはマリン・チリッチ(クロアチア)が同国出身選手として初の決勝進出。もう1つの椅子を懸けて、26日に世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)と同58位チョン・ヒョン(韓国)が準決勝を戦うが、36歳のレジェンドは準々決勝直後のインタビューで、負傷棄権したライバルのラファエル・ナダル(スペイン)にテキストメッセージを送ったことを明かした。ATP公式サイトが伝えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 フェデラーは今大会5試合連続ストレート勝ちを飾り、二連覇に向けて順風満帆の戦いぶりを見せている。現地時間24日の準々決勝・トマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦でも完勝を飾ったが、その前日に行われたナダル対チリッチの一戦について触れた。

 トップランカー同士の一戦はフルセットまでもつれ込んだものの、激闘の代償か最終セットでナダルが右足を負傷し、棄権する結末となった。フェデラーもライバルが直面した状況が気がかりだったようだ。

「私は昨夜(24日)、眠りにつく前にラファに対してメッセージを書いたんだ。それが、彼が大丈夫であることを確認するための最終手段だったからね。ライバルであり、友人である彼が去っていくのを見るのは、嬉しいことではないからね。早く彼には良くなってほしいよ。5セットマッチを戦えず終わるのを見るのはつらい。とはいえ、マリンも本当に懸命に戦っていた。だから彼にとっても大きな勝利だろう」

 ナダルへの気配りとともに、決勝進出を果たしたチリッチの闘いぶりも称えた。フェデラーは韓国勢として初となるベスト4進出を果たしたチョン・ヒョンとの準決勝が注目を集めるが、それと同時に各選手に対してのリスペクトは世界中のテニスプレーヤーの“模範”と言えるだろう。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー