[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳稲見萌寧「疲れはピークを通り越した」 出し尽くした2週連続Vは「本当に嬉しい」

女子ゴルフの国内ツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンは11日、兵庫・花屋敷GCよかわC(6390ヤード、パー72)で第2ラウンド(R)の残りと最終Rが行われ、首位で出た21歳稲見萌寧(都築電気)が4バーディー、2ボギーの70。通算5アンダーで並んだ小祝さくら(ニトリ)とのプレーオフ(PO)を制し、2週連続優勝を飾った。今季4勝目でツアー通算5勝目。2021年は6戦3勝で驚異の勝率5割とした。

プレーオフを制し、2週連続優勝を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】
プレーオフを制し、2週連続優勝を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日

 女子ゴルフの国内ツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンは11日、兵庫・花屋敷GCよかわC(6390ヤード、パー72)で第2ラウンド(R)の残りと最終Rが行われ、首位で出た21歳稲見萌寧(都築電気)が4バーディー、2ボギーの70。通算5アンダーで並んだ小祝さくら(ニトリ)とのプレーオフ(PO)を制し、2週連続優勝を飾った。今季4勝目でツアー通算5勝目。2021年は6戦3勝で驚異の勝率5割とした。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 首位タイで最終Rを迎えた稲見は、2番でバーディーを先行。12番でボギーを叩いたが、15番でバーディー。16番でもスコアを1つ伸ばして首位の小祝さくらに並ぶと、17番でもバーディー。勝負所に怒涛の3連続バーディーで一気に単独トップに。しかし、最終18番でパーパットを外してPOに突入した。

 18番ホールでのプレーオフ、2ホール目。稲見は左手前7メートルに乗せた。ウィニングパットを見事に沈め、勝負が決した。入れた瞬間、稲見は右手を高々と突き上げ、笑顔を浮かべた。

 今年3度目となる優勝者会見では「2週連続優勝は本当に嬉しいです。そういえば先週も優勝できたんだと。そこで改めて嬉しさを実感しました」と笑顔を浮かべながらも、「肉体的な疲れはピークを通り越しました」と死力を尽くした2週連続Vだった。

 それでもPOの2ホール目では、7メートルのウイニングパットを決める勝負強さを発揮した。「さくらさんは本当にアプローチ、パターが全て上手。あそこまで寄っていたらパーだなと。決めなければいけないと思っていました」とホッとした表情だった。

「自信があります」と胸を張るPOはこれで3戦3勝とし、2021年は驚異の6戦3勝。メジャー制覇を次の目標に掲げる21歳は「まだまだ沢山の試合がある。肉体的な疲労が本当に大きいので、ちゃんと休む時は休んで、しっかりトレーニングして、1年間戦える体を作って、また上位で頑張れるようにしたい」と前を見据えていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集