[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1番人気は「グミ」 女子ゴルファーに見る“ラウンド中の補食”の意外な効果

Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「ゴルフ選手の補食」について。

渋野日向子もラウンド中にモグモグ…【写真:Getty Images】
渋野日向子もラウンド中にモグモグ…【写真:Getty Images】

公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「ゴルフ選手の補食」

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「ゴルフ選手の補食」について。

 ◇ ◇ ◇

 先日、女子プロゴルファーのラウンド中の補食について、取材を受ける機会がありました。プロへのアンケート結果を見ると、定番のバナナやおにぎりに加えてグミがトップにランクイン。「噛み応えがあり、頭が働く気がする」といった声が聞かれました。

 ゴルフは長時間、歩いたり、頭を使ったりするスポーツです。より良いパフォーマンスを維持するためには、ラウンド中の補食がとても重要。補食を摂ることで、空腹による集中力の低下やエネルギー不足、あるいは熱中症を防いだり、パワーや疲労からの回復を図ったりします。また、プレーを待たされるとイライラすることもあるため、気分転換を図り、精神的なストレスを和らげるのも、大切な目的の一つです。

 彼らがラウンド中に、まず補給したいのは、脳と体のエネルギー源となる糖質です。糖質にも種類があり、なかでも素早くエネルギーに変わるブドウ糖やショ糖は、集中力アップに適しています。プロたちのアンケートに上がっていたものでいうと、1番人気のグミのほか、黒糖、ゼリー飲料、ソフトキャンディ、ラムネなどがこれにあたります。

 また、食べてからエネルギーに変わるまでに少し時間がかかるバナナなどのフルーツ、ドライフルーツ、チョコレートなどは、後半のスタミナ切れを予防するため、ラウンドの中盤頃にとると効果的。同じくおにぎり、サンドイッチも腹持ちが良く、これらは小腹が空いてしっかりとエネルギー補給をしたい時にお勧め。ゴルフだけでなくサッカーやラグビーのトップチームでも試合開始3時間前の定番の補食です。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)ならびに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集