[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”

迫田は2012年ロンドン五輪、2016年リオデジャネイロ五輪に出場【写真:Getty Images】
迫田は2012年ロンドン五輪、2016年リオデジャネイロ五輪に出場【写真:Getty Images】

「私の人生は、バレーボール人生で出会ったみんなに支えられ、作り上げられた」

「昔の私は、普段からチームメートと会話をしなくても、プレーには何ら影響しないと考えていました。でも、あるときから他愛もない会話をするようになると、コミュケーションがうまくできるようになりました。チームメートに甘えるって、こんなに気持ちが楽になるんだと気づいたら、リーグに入っても痩せなくなった(笑)。ちゃんと体は反応するんですね」

 気が付いたのは選手生活も後半に入ってから。引退するわずか2年前だったという。

「そのうち、東レでも全日本でも、バレーボールと向き合うことができた。同じバレーボールでも全然違うな、こういうやり方もあるんだなぁと気づきを得て、ふと、『私、バレーボール好きじゃん』って思えました。それからは誰と話をしていても『バレーボール、大好きです!』と自信を持って言えるようになった。たった2年だったとしても、そのことがうれしかったですね」

 きっと、チームメートやスタッフが一人でも欠けていたら自分はダメだった、と語る。

「背中を押して、引っ張って、転げ落ちてもみんなが起き上がらせてくれる、そういうチームにいたからプレーを続けられました。仲間に支えられたから今の自分があり、今の考え方もある。私の人生は、バレーボールで出会ったみんなに支えられ、作り上げてもらったと思っています」

【連載第1回】春高バレーがどんな大会かも分からず… 元日本代表・迫田さおり、異端のバレー人生

【連載第1回】春高バレーがどんな大会かも分からず… 元日本代表・迫田さおり、異端のバレー人生
【連載第2回】目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”
【連載最終回】「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集