[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • なぜ、日本の子供は「夏休み」に休まないのか 猛練習はドイツで美談にならない

なぜ、日本の子供は「夏休み」に休まないのか 猛練習はドイツで美談にならない

パソコンを前に腕組みをして「うーん」と首をかしげていると、9歳の長男が「どうしたの?」と聞いてきた。「日本の子は夏にいっぱい練習するんだよね」という話をしたら、びっくりして声を出した。

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――日独で異なる夏休みの風景

 ツイッターやFacebookなどSNSを見ていると、こんなポストが次から次へと流れてくる。

「夏は追い込み期だ!」

「夏合宿で3部練習、頑張りました!」

「暑いなか、朝から晩まで練習試合を頑張りました!」

 やり抜いたことを指導者や保護者が絶賛し、子どもたちも誇らしげだ。日本では毎年恒例の画なのだろう。でも、僕にはどこか違和感がある。

 パソコンを前に腕組みをして「うーん」と首をかしげていると、9歳の長男が「どうしたの?」と聞いてきた。「日本の子は夏にいっぱい練習するんだよね」という話をしたら、びっくりして声を出した。

「え? それって、もう“休み”じゃないじゃない! なんでそんなことするの? 体をちゃんと休ませないと疲れ取れないし、それだと怪我とかもしちゃう」

 彼の驚きはもっともだ。なぜなら、ドイツでは夏休みにサッカーの練習も試合もしないからだ。そして、日本でお馴染みの宿題もない。

 理由はシンプルだ。夏休みは「休み」だからだ。僕が指導するU-15チームも、7月下旬から8月23日まで完全オフ。僕としても休みがあると、指導者としてインプットする時間も取りやすい。

1 2 3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー