[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クライマーとシューズの秘密… 初心者の選び方、おすすめをトップ選手に聞いてみた

東京五輪新種目として開催されるスポーツクライミングは、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合で争われる。体一つで巨大な壁を登るこの競技おいて、最大の“商売道具”がシューズだ。11日に開幕した世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)に向け、クライマーとシューズの知られざる関係性を国内トップ選手に聞いた。

トップ選手が語る、シューズの選び方とは【写真:松橋晶子】
トップ選手が語る、シューズの選び方とは【写真:松橋晶子】

クライミング選手の“商売道具”、大切なのは「フィーリング」

 東京五輪新種目として開催されるスポーツクライミングは、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合で争われる。体一つで巨大な壁を登るこの競技おいて、最大の“商売道具”がシューズだ。11日に開幕した世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)に向け、クライマーとシューズの知られざる関係性を国内トップ選手に聞いた。

 ホールドと呼ばれる突起物に手や足を掛けて壁を登るクライミング。わずかな接地面で効率よく登っていくには滑らないことが大切だ。手にはチョークという滑り止めの粉を付けることができるが、足はシューズを履く。最も重要とされる用具について、トップ選手が選ぶ際に大切にしているポイントはどこだろう。

 2016年からボルダリング・ジャパンカップで3連覇した藤井快(こころ・TEAM au)は、adidas社のアディダス ファイブテン シリーズを使用している。

「最初に履いた時のフィーリングですね。フィット感など、登ってみて使いやすいことが大切です。履いてみて感触がよかったらいいなという感じ。あとは憧れの選手など、履いている人がかっこいいなということもありました」

 今の段階では、オーダーメイドではなく、既製品を使用。試合で使う一足を選ぶために「何足履いたかも覚えていないくらい履きました。とりあえず片っ端から」と、ざっと思い浮かべても50足以上は試したという。

 スピードはホールドの位置が統一され、高さ15メートルの壁を登ってタイムの速さを争う。ボルダリングは複数のコースを完登できた数で競う。リードはロープを使用し、12メートル以上の壁を競技時間内により高く登った選手の勝利。藤井の場合、スピードでは履きやすい柔らかめのシューズを使うそうだ。

 6月のボルダリングW杯(米国・ベイル)で初優勝した緒方良行(神奈川大4年)はどうだろう。急成長中の21歳が履くのは、アディダス ファイブテン シリーズのハイアングルというモデル。シューズ選びのポイントは「足型に合っているかどうか」だという。

 クライミングを始めたのが10歳。小学生時代にファイブテンシリーズに出会い、5年ほどは様々な種類のシューズをかわるがわる試しながら履いてきた。「今はこの1足です。僕もこれにたどり着くまでにはいろんなシューズを履きました。たどり着いた先がこれ。結局、アディダス ファイブテンに行きつきましたね」。藤井と同じくオーダーメイドではないが、メーカー担当者に意見を出して細かい調整を反映してもらっている。リクエストしたのは「剛性」だ。

「剛性は硬さのことです。少し柔らかすぎて、かかと部分の剛性が自分には少し弱いかなと思って、剛性を強くしてもらいました。クライミングは足(の裏)を乗せるだけでなく、かかとも使うんですよ。そういう動きにも対応できるように、もう少しかかと部分の剛性を強くして、よりオールラウンドなシューズに調整してほしいと伝えました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集