[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔、全てを語った4分14秒の本音 大麻成分検出の大騒動「そこは履き違えないでほしい」

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)タイトルマッチ12回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われ、同級6位・井岡一翔(志成)が前王者ジョシュア・フランコ(米国)に3-0の判定勝ち(115-113、116-112×2)した。試合前は井岡の大麻成分検出騒動、フランコの体重超過による王座剥奪とゴタゴタ続き。大きな物議を呼んだ中、試合後は自身の話題について、ファンやメディアも含め「そこは履き違えないでほしい」と4分14秒に渡って本心を語った。戦績は34歳の井岡が30勝(15KO)2敗1分け、27歳のフランコが18勝(8KO)2敗3分け1無効試合。(観衆3617人)

世界王座に返り咲いた井岡一翔はリング上で涙【写真:山口比佐夫】
世界王座に返り咲いた井岡一翔はリング上で涙【写真:山口比佐夫】

井岡一翔が試合後に告白「僕が言いたかったのは『時期が遅い』」

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)タイトルマッチ12回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われ、同級6位・井岡一翔(志成)が前王者ジョシュア・フランコ(米国)に3-0の判定勝ち(115-113、116-112×2)した。試合前は井岡の大麻成分検出騒動、フランコの体重超過による王座剥奪とゴタゴタ続き。大きな物議を呼んだ中、試合後は自身の話題について、ファンやメディアも含め「そこは履き違えないでほしい」と4分14秒に渡って本心を語った。戦績は34歳の井岡が30勝(15KO)2敗1分け、27歳のフランコが18勝(8KO)2敗3分け1無効試合。(観衆3617人)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ここまで多くを語らなかった井岡が、試合後に本音を明かした。引き分けだった昨年大晦日からのダイレクトリマッチ(直接の再戦)。日本史上最大の超過幅となる3.1キロ(再計量は2.9キロ)オーバーのフランコを判定で破った後、取材に応じた。

 試合の感想、駆け引きや技術の専門的な話、体重差への感触などを語り終えた後、話題は「メンタルの揺れ」に及んだ。第1戦前のドーピング検査で大麻成分が検出。陣営は潔白を主張したが、日本ボクシングコミッション(JBC)は6月21日に事実を公表した。世界ドーピング防止機構(WADA)の基準を下回る数値のため、今回の興行出場に問題はないが、試合直前に物議を呼んだ。

 井岡は語気を強めながら明かした。

「単純に自分が自分自身に対して後ろめたいことは1ミリもしていないですし、応援してくれる人、ボクシングにもそんな気持ちは全くない。だから動じないです。自分がどう過ごしているか、自分が一番わかっているので。それをメディアの方々を通して僕が発言したら、一旦ツールを挟んで世に出るので、各々の捉え方、表現が変わってしまうじゃないですか。難しい部分があって、多くを語れない部分もあるですけど、でもやっぱり一番は自分には何一つ後ろめたいことがないということ。

 応援してくれる人に後ろめたい気持ちもないし、その件に関しては今回のJBCさんがどうこうではなく、以前もこういうことがあったわけじゃないですか。じゃあその時はどうだったのか。なんで摂取していないものが出たのかっていうのは、僕たちは立証したわけで。立証できた前例があるにもかかわらず、まず出たからって僕に対して100%重視するのはどうかなって」

 井岡は2020年大晦日の田中恒成戦のドーピング検査でも、大麻成分などの禁止薬物に陽性反応を示した。しかし、JBCの検体管理方法に不備などがあり、処分はされず。「偽陽性の可能性が高い」としてJBCの謝罪を受けていた。井岡は続ける。

「まず前回同様に僕がドーピング検査に対してどう動いて、そこから尿をどういうふうに扱って、どういうふうに(検査機関に)持って行ったのか。まずそこが明確にわからないと(今回の検体の)状態もわからないし。そして僕たちが言いたかったのは、リリース(発表)でも出しましたけど、時期が遅い。今回の試合が終わってどうこうじゃないんですよ。大晦日に試合が終わって、5か月も6か月も経って、両陣営で(再戦に)合意してWBAが(世界戦を)承認をしてくれているのに、今になってからはそりゃ僕たちも戸惑うじゃないですか。

 そこを履き違えないでほしんですよ。試合が終わってから出して(検査結果を発表して)ほしいとかではなく、そこに悪意を感じるとかではなく、もっと早くしてほしかった。大晦日の試合なら、じゃあ2月なのか、1月後半なのか。そしたらもっと早く対処できたじゃないですか。僕の尿を大晦日にとってから半年もかかって、5月半ばに『ドーピングでこういう結果が出ました』って言われても、それは僕たちも前回のことがあったし、どう思いますか? とても不審な気持ちです。

 それを言っているわけで、『試合が終わって言うことだろ』とか言ってない。『もっと早く言うべきだろ』ってことは伝えたい。試合が終わってからだともっと遅くなる。でも、僕たちからすればこのタイミングは悪意があるとか、じゃあこの試合を中止させるためだったのとかって不安を抱く。だから、そこはメディアの人も履き違えないでほしい。

(陽性、偽陽性に関わらず)出てしまったことは仕方ないし、それをもっと早くにどうするかとか、いろんな対処ができたはず。そこに対しての不満。それがじゃあ悪意なのかとか、そういうことではない。僕は昨日(23日)の会見で聞かれて、試合前日であまり喋りたくなかったけど、僕の気持ちとしてはそうです。

 ただ、これが出たからって僕が話す義務があるんですかって。まず僕が話す前にそれを100%、前回同様にどういうふうに扱って、どういうふうにしたか全部証拠を出してから僕に言うべきじゃないですかって。僕はそういう気持ちです。

 これが言いたいことだというわけではなく、話すのであれば、僕の発言したことに対する書き方はそれぞれなので、それを別に面白おかしく書かないでほしいし、単純にそういう気持ち。別に僕は喋りたいこともないし、チーム、ファンを裏切ることはない。ただ、僕は今回のことが出たということの前に、もっとやることがあるんじゃないかって。ただ、それだけです」

 ここまでが4分14秒にわたって語った今回の一件に関するコメントの全文。試合は相手に前に出させないようにするなど、駆け引きの上手さを見せた。試合後のリングでは涙。試合直前の体重は井岡が57.5キロ、フランコが60.2キロで2.7キロの差があったが、日本人唯一となる世界4階級制覇王者は日本人最多の世界戦通算勝利記録を21に伸ばした。

 今後は階級内で最も高い実績を誇るWBC王者ファンフランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との統一戦実現が目標なのか問われ、「もちろん」と断言した。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集