[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2.9kg超過で敗れたフランコが井岡一翔を潔く称賛「体調は良かった。井岡が非常に精神的にタフだった」

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)タイトルマッチ12回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われ、同級6位・井岡一翔(志成)が前王者ジョシュア・フランコ(米国)に3-0の判定勝ち(115-113、116-112×2)した。引き分けだった昨年大晦日からのダイレクトリマッチ(直接の再戦)。試合前は井岡の大麻成分検出騒動、フランコの体重超過による王座剥奪とゴタゴタ続き。井岡が勝てば王座獲得、引き分けか負けなら空位のままという変則的な条件だった。戦績は34歳の井岡が30勝(15KO)2敗1分け、27歳のフランコが18勝(8KO)2敗3分け1無効試合。

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチで判定勝ちした井岡一翔(右)とジョシュア・フランコ【写真:山口比佐夫】
WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチで判定勝ちした井岡一翔(右)とジョシュア・フランコ【写真:山口比佐夫】

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)タイトルマッチ12回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われ、同級6位・井岡一翔(志成)が前王者ジョシュア・フランコ(米国)に3-0の判定勝ち(115-113、116-112×2)した。引き分けだった昨年大晦日からのダイレクトリマッチ(直接の再戦)。試合前は井岡の大麻成分検出騒動、フランコの体重超過による王座剥奪とゴタゴタ続き。井岡が勝てば王座獲得、引き分けか負けなら空位のままという変則的な条件だった。戦績は34歳の井岡が30勝(15KO)2敗1分け、27歳のフランコが18勝(8KO)2敗3分け1無効試合。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 敗れたフランコは試合後の会見で「自分の体調は良かった。ただ、井岡の方がシャープでいいボクサーだった」と称えた。大晦日の前回対戦との違いについては「今回、井岡は非常に精神的にタフだった。自分より優っていた」と潔く語り、来日後のコンディションについては「特に日本に着いて悪いことはなかった。体調は良かった。自分とチームに起きたことはあまり語りたくない」と話すにとどめた。

「とにかく今夜は井岡が上回っていた」と繰り返し新王者を称賛。体重超過で信頼を失ったが、今後のプランは「自分のトレーナー、チームと話し合って考えたい」と話した。また、ロベルト・ガルシアトレーナーは「練習でどういうことをしてきたかは私たちにしかわからない。とにかく言いたいのは井岡の方が上回っていた。言い訳はしたくない」と話し、フランコ同様に井岡を称賛した。

 WBO王者だった井岡は、昨年大晦日にWBA王者フランコとの王座統一戦で引き分け。今回はWBO1位だった中谷潤人(M.T、現WBO王者)との指名試合の義務があったが、王座を返上してまでフランコとのダイレクトリマッチを選んだ。しかし、第1戦前のドーピング検査で大麻成分が検出。陣営は潔白を主張したが、日本ボクシングコミッション(JBC)は6月21日に事実を公表した。

 世界ドーピング防止機構(WADA)の基準を下回る数値のため、今回の興行出場に問題はない。しかし、今度はフランコが23日の前日計量でリミットを3.1キロ上回る55.2キロの大幅超過。約2時間後の再計量も2.9キロ超過で王座剥奪された。3.1キロ、2.9キロともに日本開催の世界戦史上最悪の超過量。両陣営の協議で試合開催となり、フランコにのみ24日午前10時の当日計量を設け、上限130ポンド(58.97キロ)を下回る58.0キロでパスした。

 井岡は前日計量を52.0キロで一発パス。フランコは最も過酷とされる残り3キロを落とさなかったため、減量による消耗が少ない。前日計量の3.0キロ差は井岡にとってハンデの大きい条件だったが、本人の強い意思で開催に至った。日本人唯一となる世界4階級制覇王者の井岡は、試合前まで日本人最多の世界戦通算20勝だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集