[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

北口榛花を支えたチェコ人コーチの献身 日本の文化も受け入れた指導「簡単じゃない」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子やり投げ決勝では、北口榛花(JAL)は63メートル27で銅メダルを獲得。五輪を含め、投てき種目日本女子初となるメダルの歴史的快挙を達成した。支えたのはやり投げ王国チェコのデービット・セケラックコーチ。意見をぶつけ合い、口論にもなる間柄だが、北口はコーチの“犠牲”に感謝した。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

最終投てき後、セケラックコーチと抱擁する北口榛花【写真:ロイター】
最終投てき後、セケラックコーチと抱擁する北口榛花【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子やり投げ決勝では、北口榛花(JAL)は63メートル27で銅メダルを獲得。五輪を含め、投てき種目日本女子初となるメダルの歴史的快挙を達成した。支えたのはやり投げ王国チェコのデービット・セケラックコーチ。意見をぶつけ合い、口論にもなる間柄だが、北口はコーチの“犠牲”に感謝した。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

 熱戦の真っ最中、師弟は喧嘩していた。「集中しろ! 集中するんだ!」。あまりに繰り返されるコーチの檄。北口は思わず言い返した。「ここにいて集中しない人はいないでしょ!?」。気持ちをぶつけ合うのはいつものことだった。

「毎回言われるから凄く腹が立ってきちゃって、喧嘩しちゃいました(笑)。でも、良かったです。これで喧嘩したまま終わっていたら、最悪の雰囲気で帰ることになりそうだったので」

 最終6投目に63メートル27。暫定2位に再浮上し、北口は目を丸め、口を大きく開いた。スタンドのセケラックコーチのもとへ走る。コーチも両手で口を塞ぎ、土壇場のビッグスローに驚いていた。「おめでとう」。恩師の胸に飛び込み、泣きじゃくる。周囲の観客は立ち上がり、2人に拍手を送った。

 2019年、チェコのジュニア世代でナショナルコーチを務めるセケラック氏に指導を受け始めた。最初は過酷な練習についていくのがやっと。コーチは絶対的存在だっただけに、意見をぶつけても「口論しても必ず負ける」と一方通行だった。コロナ禍ではほとんど会えず、動画を送って意見交換。落ち着いた時を見計らい、日本とチェコを何度も往復してくれた。

 この大変さは、北口が誰よりも理解している。

「違った文化を受け入れることはそう簡単じゃない。長い移動もたくさんして日本に来てくれる。チェコに家族がいて、他に教えている子もいながら、私のためだけにそういう行動を取ることはなかなかできない。コーチに出会ってから助走に重点を置くようになった。凄く感謝しています」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集