[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重超過の相手と戦う谷口将隆 計量舞台裏の叫び「怖い。負けたらどうなるんですか」

ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われる。21日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、初防衛を狙う王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロでパスしたが、世界初挑戦の同級5位・石澤開(M.T)は50.1キロで体重超過。再計量も49.9キロでクリアできなかった。当日計量の結果次第で強行開催。試合をするメリットのない王者を陣営が説得する異例の形となった。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

完璧に体をつくり上げた谷口将隆、相手の体重超過に抱えた葛藤とは【写真:浜田洋平】
完璧に体をつくり上げた谷口将隆、相手の体重超過に抱えた葛藤とは【写真:浜田洋平】

世界戦前日計量で挑戦者が体重超過、王者を自陣営が異例の説得

 ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われる。21日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、初防衛を狙う王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロでパスしたが、世界初挑戦の同級5位・石澤開(M.T)は50.1キロで体重超過。再計量も49.9キロでクリアできなかった。当日計量の結果次第で強行開催。試合をするメリットのない王者を陣営が説得する異例の形となった。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 会場がざわついた。午後1時35分。先に挑戦者が計量台に乗っても、体重がコールされない。1分ほど沈黙が続いた。「50.1キロです」。2.5キロもオーバーする失態。関係者が口にした数字に今度はどよめきが起きた。

 横から壇上を見つめていたのが、王者・谷口だった。対戦相手がまさかの大幅超過。それでも表情を崩さず計量台に乗り、当たり前のように一発パスした。絞り切った体を誇示するように堂々とポーズをつくった。

 日本ボクシングコミッション(JBC)が定めた規定では、契約体重の3%以上の超過なら再計量をすることなく試合中止。ミニマム級なら1.428キロが上限だ。しかし、これはローカルルールのため、日本人同士の対戦であっても世界戦では適用されない。JBC関係者は「国内戦なら一発アウト」と説明した。

 世界戦で日本人が体重超過を犯したのは、2018年4月のWBC世界フライ級王者・比嘉大吾以来2人目。過酷な減量を乗り越えた谷口は計量直後の会見で「頭が追いついていない」と、まだぼんやりとした様子。水分を摂り、石澤の再計量を待つ間に改めて取材に応じた。

 絞り切った体から2時間以内に2.5キロを落とすのは極めて難しい。しかし、谷口は同じボクサーとして、挑戦者の意地を期待するようだった。

「石澤選手は極限までやったと思う。意図的ではないと信じたい。ある程度まで体重をつくってくれると信じていますし、今から死に物狂いでやると思います。しんどいのはお互い様。試合はしたい。これってボクサー全員同じ気持ちだと思う。ここまで来てやらないのは難しい。(前戦から4か月間で)自分もここまでつくってきたので。でも、葛藤はあります」

 他の3団体は挑戦者が体重超過を犯した場合、王者は負けてもベルト保持となる。一方、今回のWBOだけは負けると王座陥落し、挑戦者に渡ることなく空位になる。「負けなければいい。リスクはデカいですが」。谷口は勝つことだけを考えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集