[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“超変化スライダー”に米衝撃 キレ鋭く空振り連発「横変化が凄いことに」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投で、今季初勝利をあげた。米国の投球分析家は、特に効果的だったスライダーに脚光。米ファンからも「横移動が凄いことに」「これは誰も打てない」と驚きの声が上がっている。

今季初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平、試合後にチームメイトを労った【写真:AP】
今季初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平、試合後にチームメイトを労った【写真:AP】

20日アストロズ戦で6回1安打12奪三振の快投

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投で、今季初勝利をあげた。米国の投球分析家は、特に効果的だったスライダーに脚光。米ファンからも「横移動が凄いことに」「これは誰も打てない」と驚きの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 剛速球に、伝家の宝刀スプリットだけじゃない。大谷のスライダーに、アストロズ打者のバットは次々と空を切った。特に期待のルーキー、1番ペーニャに投じた3球が凄まじかった。外角低めボールゾーンへ、鋭く横変化。完全なボール球が3つ続いたが、ペーニャはいずれも空振り。この日は2三振を喫した。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに動画を公開。「ショウヘイ・オオタニの馬鹿げたスライダー」と脚光を浴びせると、「エグいね」「ヤバすぎ」「クレイジーだわ」「今まで見た大谷の投球で最高だ」「うわ……」「横移動が凄いことに」「これは誰も打てないよ」などと米ファンの驚きの声が書き込まれていた。

 敵将のダスティ・ベイカー監督も試合後「スライダーが凄い仕事をしたね」「みんな彼のスライダーの本当の威力に気づいていない。何人の打者がスライダーを振らされたことか」と“超変化スライダー”に脱帽していた。大谷は打っても4打数2安打2打点1四球。投打の大暴れでチームの6-0の勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集