[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に“奇襲”のアストロズ打者、本拠地なのにブーイング発生「大谷が凄すぎて」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露。打っても4打数2安打2打点1四球と活躍し、チームの6-0の勝利に貢献した。6回途中まで相手打線をパーフェクトに封じたが、完全試合を阻止しようとした相手打者に、本拠地のファンからブーイングが浴びせられる珍しい場面もあった。

圧巻の投球で、今季初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
圧巻の投球で、今季初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷は6回途中までパーフェクト投球、今季初勝利

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露。打っても4打数2安打2打点1四球と活躍し、チームの6-0の勝利に貢献した。6回途中まで相手打線をパーフェクトに封じたが、完全試合を阻止しようとした相手打者に、本拠地のファンからブーイングが浴びせられる珍しい場面もあった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 敵地アストロズのファンも、真っ向勝負を望んでいた。5回を終えて打者15人をパーフェクトに抑えていた大谷。6回先頭で対戦したニコ・グッドラムは、初球を三塁線へセーフティーバント。完全試合を阻止しようと試みたが、ファウルになった。これには多くのアストロズファンが集った観客席からもブーイングが巻き起こった。

 このシーンを映像で伝えた米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターは「ヒューストンのファンが、ショウヘイの完全試合をバントで阻止しようとしたニコ・グッドラムにブーイング」と文面で伝えた。

 また米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も「ニコ・グッドラムが完全試合阻止のために三塁線にバントを試みた。ファウルになった。彼はホームのファンからブーイングを浴びた」とツイッターで速報。米ケンタッキー州地元ニュースサイト「ルイビル・ビジネス・ファースト」のシア・バン・ホイ記者は「今夜のオオタニが凄すぎてグッドラムがバントを試みたぞ」と同じくつぶやいていた。

 結局グッドラムは空振り三振に仕留められたが、続くジェイソン・カストロ捕手が中前打を放って完全試合を阻止。それでもアストロズは大谷に6回1安打無失点、12奪三振と封じ込まれ、今季初白星を献上した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集