[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、歴史的死闘で見せた涙の裏側 金メダルの重圧、帝拳会長の一言が解放させた

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けした。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。元来のボクシング小僧は歴史的激闘を楽しんでいた。引退に揺れ、再起を決めてから3年半。魂を燃やした過程に何を思ったのか。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)3敗、40歳のゴロフキンが42勝(37KO)1敗1分け。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

ゴロフキン(左)と激しく拳を交錯させた村田諒太【写真:荒川祐史】
ゴロフキン(左)と激しく拳を交錯させた村田諒太【写真:荒川祐史】

帝拳ジム会長が認める村田諒太の魅力「井上尚弥みたいなものはない。でも…」

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けした。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。元来のボクシング小僧は歴史的激闘を楽しんでいた。引退に揺れ、再起を決めてから3年半。魂を燃やした過程に何を思ったのか。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)3敗、40歳のゴロフキンが42勝(37KO)1敗1分け。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 たった一言が、純粋な気持ちを呼び起こした。村田が決戦の会場に向かう途中。「楽しんでこい」。9年間、自分を世界に押し上げてくれた帝拳ジム・本田明彦会長からだった。「そうだよな。楽しんでいいんだな」。プロ19戦目。初めて言われた。

 中学3年で競技に出会い、のめり込んだ。海外の動画を食い入るように見つめ、WOWOWの専門番組は欠かさずチェック。マイク・タイソン、フェリックス・トリニダード、辰吉丈一郎……。抜群の記憶力で技術論を蓄え、自らを「ボクシングマニア」と称する。いつかビッグマッチのリングに立ち、大観衆を熱くさせることを夢見た。

 憧れた選手の一人がゴロフキンだった。強く、真摯。ずっと目標にしてきた。「ゴロフキンと打ち合えている」「意外と効いているな」「楽しい」。至高の殴り合いの中で感じることができた。過酷で苦しいボクシング。プロ初ダウンも経験した。敗北したためか、試合後は「楽しくなかったですけどね」と笑って念を押しつつ、打ち明けた。

「どこまでやっても、もしかしたらボクシングファンみたいなところがあるのかもしれないですね。ずっと海外の選手を見てきて、本当の一流選手とやっている嬉しさがあったかもしれない。何しろ会長に『楽しんでこい』と言われたのが嬉しかった。それでいいんだと思って」

 傷だらけの笑顔は一瞬だけ少年時代に帰っていた。ただ、直後に声を震わせた。タオルで目元を拭う。

「プロになって全然楽しくなくて、勝たないといけないし、金メダルを獲ってなかなかプレッシャーがあったんですけど、最後に楽しんでこいよって言われたことが嬉しくて。『楽しんでいいんだ』って……楽しくなかったですけどね!?(笑)。ちょっと楽しい瞬間もあったかもしれないです」

 会長の一言が、金メダリストを苦しみから解放させた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集