[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、試合後に残された“死闘の証拠”に米記者が注目「リング上を見てくれよ」

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。激闘後にはリング上で両者が健闘を称え合ったが、米記者は壮絶な試合を物語る“証拠”に注目している。

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦の試合後、称え合う村田諒太とゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】
WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦の試合後、称え合う村田諒太とゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】

村田は出血しながらも9回まで打ち合い

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。激闘後にはリング上で両者が健闘を称え合ったが、米記者は壮絶な試合を物語る“証拠”に注目している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 魂の殴り合いを演じた。世界最強ボクサー、ゴロフキンに挑んだ村田。鼻から出血しながらも、9回まで一歩も引かずに死闘を演じた。試合後にはゴロフキンからガウンをプレゼントされ、手を取り合って健闘を称えた。白いリングは飛び散った無数の血で赤く染められていた。

 権威ある米専門誌「リング」のマイケル・モンテロ記者は、自身のツイッターで「リング上の血を見てくれよ」と試合の激しさ示す“証拠”を指摘。GGGプロモーションのプロモーター、トム・ロフラー氏が自身のツイッターで公開した画像を引用した投稿に、米ファンからは「全てのカードが壮絶だったよね。戦士の精神感じた」「凄いな!」などと驚きの声が上がっていた。

 この日の興行では、東洋太平洋&WBOアジアパシフィックライト級タイトルマッチ12回戦では王者・吉野修一郎(三迫)が伊藤雅雪(横浜光)を、WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦では中谷潤人(M.T)が山内涼太(角海老宝石)を出血させ、リング上が血で染まった。村田の演じた死闘とともに、日本人ボクサーたちが海外でも注目を集めていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集