[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ツアー17勝目の上田桃子が「赤」を着た理由「この3日間もテレビを見ていました」

国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日が10日、埼玉・石坂GCで行われ、2打差3位から出た上田桃子(ZOZO)が1イーグル、3バーディー、2ボギーの69で回り、通算9アンダーで逆転優勝を飾った。一時は大里桃子、岸部桃子という“桃子トリオ”が最上位に並ぶ「桃子対決」を制し、昨年のパナソニックオープンレディース以来、ツアー通算17勝目(海外1勝含む)。昨年6月の結婚後、ミセス初Vにもなった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

富士フイルム・スタジオアリス女子オープンで優勝し、トロフィーを掲げる上田桃子【写真:Getty Images】
富士フイルム・スタジオアリス女子オープンで優勝し、トロフィーを掲げる上田桃子【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日

 国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日が10日、埼玉・石坂GCで行われ、2打差3位から出た上田桃子(ZOZO)が1イーグル、3バーディー、2ボギーの69で回り、通算9アンダーで逆転優勝を飾った。一時は大里桃子、岸部桃子という“桃子トリオ”が最上位に並ぶ「桃子対決」を制し、昨年のパナソニックオープンレディース以来、ツアー通算17勝目(海外1勝含む)。昨年6月の結婚後、ミセス初Vにもなった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 優勝が決まった直後、上田は苦笑しながら、キャディーとハイタッチをした。理由は最終18番パー4でボギーを打ったからだ。

「難しいホールですけど、簡単にパーを取っているように見せることが大事。ちょっと恥ずかしかったです。まだまだだなと思います」

 結果は2位に3打差をつけての逆転優勝だが、ボギーパットも2メートルを残していた。カッコよく決めたい場。パットを決めても、自分に腹を立てていた。

 ゴルファーとしてのカッコ良さ。それを感じさせてくれる人物がいる。タイガー・ウッズだ。約1年2か月前の自動車事故から復帰し、マスターズに出場。上田は大会中の3日間も早起きして、テレビ中継を見ていた。

「やっぱり、タイガーを見ていると周りの人がワクワクするので、そういう思いでこの3日間もテレビを見ていました。それで、赤を着ようと思いました」

 言葉通り、タイガーの勝負服と同じ赤のウェアでプレーした上田は、1番パー5でイーグルを奪い、2番パー3のバーディーで単独首位に立った。その後は我慢の展開が続いたが、前夜から「絶対に勝つ。そういう気持ちでやり通す」と決めた通りにプレーした。

「海外の試合や(国内)メジャーも意識しながら、自分が強い気持ちでプレーし続けたらどうなるかを考えて、プレーしていました。いつも、優勝を狙える位置になると『普段通り』と考えるようにしますが、それでダメになることも多いので、今回はそうしました」

 昨年6月の結婚発表後、「ミセス初V」にもなったが、上田は独身時と変わらず、ゴルフに専念させてくれる夫に感謝し、「こうして結果で返せて良かったです」とも言った。

 約1年ぶりのツアー17勝目。35歳にして存在感を増す上田は、6月の全米女子オープン出場も明言し、決意を口にした。

「大きな舞台なほど、たくさんのことを求められます。それを出し切れるかで、普段の試合でもそうした場をイメージしながら戦っています。それを思うと、この難しいコースで頑張って3日間とも60台を出せたことは良かったと思います」

 ツアーを席巻する若手たちにとっても上田は、文字通り憧れの存在。そのストイックな姿は間違いなくカッコいい。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集