[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、アンチすら夢見る番狂わせ ゴロフキン戦の右拳に宿る“ワンチャン”の香り

日本ボクシング史上最大の試合が迫っている。9日にさいたまスーパーアリーナで行われるWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦。期待されるのは、ハードパンチャー同士による“究極のド突き合い”だ。歴史的選手との一戦へ、不利予想を受ける村田は一つだけプランを明かしている。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)2敗、40歳のゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

会見でゲンナジー・ゴロフキン(左)を見つめる村田諒太【写真:浜田洋平】
会見でゲンナジー・ゴロフキン(左)を見つめる村田諒太【写真:浜田洋平】

村田諒太、VSゴロフキンへ「ちゃんとやって、ちゃんと勝ちます」

 日本ボクシング史上最大の試合が迫っている。9日にさいたまスーパーアリーナで行われるWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦。期待されるのは、ハードパンチャー同士による“究極のド突き合い”だ。歴史的選手との一戦へ、不利予想を受ける村田は一つだけプランを明かしている。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)2敗、40歳のゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 昨年11月の対戦発表時、ネットでは村田の勝敗について悲観的なコメントが多かった。いわゆるアンチとされる人たちが記すのは散々な内容。しかし、その中にも「そんな自分を見返してほしい」「1%の可能性に夢を見たい」などと付け加える人が目立った。ワンチャンスを期待してしまうのが、村田の右拳なのだ。

 3月3日の囲み取材は緊張感が漂っていた。延期を経て、今度こそ行われるビッグマッチ。村田が明かした試合プランは、たった一つだった。

「僕が詰めていく。その展開だと思います。あとは彼がどう対応するか」

 村田の強靭なフィジカルに裏打ちされた鉄壁のガードは、ミドル級屈指のレベル。階級内でも長身とされる182センチの体で壁を押し込むように圧力をかけ、相手を後退させながら追い詰めていく。右の強さもハイレベル。一撃必殺に近い右ストレートや左ボディーで仕留めるのが、これまでの勝ちパターンだった。

 ゴロフキンは179センチ。サイズでは村田が有利だ。ただ、相手はスピード、テクニック、対応力もある。村田の強打がどれほど当たるのか、本当にゴロフキンを後退させられるのか。手を出さなければ、一方的に相手の拳を受けてしまう。17戦連続KO防衛を果たした異次元パンチャーの連打に耐えられるのか。

 村田が「詰める」という展開は、防御力を駆使した接近戦からのド突き合いだろう。ゴロフキンは付き合うのか。過去の試合前の村田は、内容の真偽は別として戦術を明かすことが多かったが、今回ばかりは口を閉ざした。「ファイトプランがあるがゆえにあまり話したくない」。取材エリアの緊張感はさらに増した。

 3月28日の公開練習でも、接近戦を試みること以外は明らかにしなかった。「1ラウンド目が勝負になると思います」。2019年7月、ロブ・ブラント(米国)との再戦で2回TKO勝ちの王座奪還。この試合も第1戦で完敗した村田が圧倒的不利と予想されていた。しかし、これまでの防御重視のスタイルを一変させ、魂の豪打で燃えるような大歓声を浴びながら番狂わせ。今回、もう一度リングを燃やせるのか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集