[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨ら生んだ「フィギュア王国」の今 流出する才能、“愛知復権”への試行錯誤

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

2014年に愛知県で行われた大会で、ノービスBの2位となった河辺愛菜(左)【写真:山田智子】
2014年に愛知県で行われた大会で、ノービスBの2位となった河辺愛菜(左)【写真:山田智子】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#64 県連盟の久野千嘉子さんが語る現在地

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 フィギュアスケート日本人初の五輪メダリストである伊藤みどり、鍵山正和、安藤美姫、小塚崇彦、浅田真央、鈴木明子……。愛知は1988年のカルガリー五輪以降、長野を除く8大会に代表選手を送り出してきた。今回の北京五輪にも名古屋市出身の宇野昌磨と河辺愛菜、東海市出身の木原龍一が選出されている。

 盤石に見える「フィギュア王国・愛知」だが、今、日本フィギュア界では“地殻変動”が起きている。王国の現在地を探るため、愛知県スケート連盟フィギュア部長を務める久野千嘉子さんのもとを再訪した。(取材・文=山田 智子)

 ◇ ◇ ◇

 日本フィギュア界の勢力図の変化は、全日本ジュニア選手権の結果を見ると分かりやすい。過去2シーズンの出場選手の所属先名は、男女ともに「アカデミー」の文字が目立つ。

 その1つ、今年のジュニア女子(参加資格は13~19歳)トップ10のうち6人を占める「木下アカデミー」は、2020年4月に京都で発足した世界で活躍できる選手を育てるための育成機関だ。もう1つの「MFアカデミー」は、その翌年に誕生した三井不動産アイスパーク船橋を拠点とする総合フィギュアスケートアカデミーで、いずれも通年リンクを有し、次世代のスケーターが研鑽を積んでいる。北京五輪代表を勝ち取った河辺愛菜も木下アカデミーに所属している。

 フィギュアスケートに限らず、高みを目指すアスリートがより良い環境、指導者を求めることは珍しい話ではない。特にフィギュアスケートは他競技に比べて、練習環境や費用面での苦労が多い。その負担を軽減できるアカデミーは選手にとって魅力的に映るのだろう。

 ここ数年は愛知からの、特にジュニア世代の県外流出が相次いでいる。数年前に関西に拠点を移した河辺愛菜だけでなく、強化選手の吉田陽菜、中村俊介も木下アカデミーに籍を移した。今季の全日本フィギュアノービスB(9~10歳)を制したMFアカデミーの大竹沙歩は、アカデミー開講に合わせて愛知県から家族で船橋へと引っ越している。

「やはり貸切練習の時間が全然違いますね。詳しくは分かりませんが、アカデミーではほぼ毎日貸切練習ができていると思います。愛知ではグランプリ東海クラブでも月曜日と木曜日しか借りられないので、その違いは大きいですね」

 こう語った久野さんだが、アカデミーの魅力は単純なリンクの話だけにとどまらないと続ける。

1 2 3 4

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集