[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

51歳でツアー初V飾った苦労人プロの想い「シニアでピークが来た。諦めなくて良かった」

危機感を抱きながら広がる夢「全米シニアに出たい」

 しぶとく続けてきたツアープロ人生。「ゴルフをやめたいと思ったことは?」と聞くと、森田は「それはないです」と即答し、こう続けた。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「嫌になっても、ゴルフしかやっていないからやり続けるしかない。それに、『あきらめたら終わり』という思いでやってきて、自分のピークがシニアだったという感じです。あきらめなくて良かったですし、フィリピンツアーも含めて、この歳になって挑戦し続けられる自分は幸せ者。これまで結果を出せない中、応援してくれた全ての方々に感謝していますし、それがなければ今回の優勝もありませんでした。その恩返しの思いも込めて、もう一花、二花を咲かせられるように精進します」

 今後の具体的な目標は、全米シニアなどの海外メジャー大会出場権を得ることだ。

「年間賞金ランク10位以内(現在11位)に入れば、希望者2~4人に出場資格が与えられるので、チャンスが回ってくるかもしれません。そのためにも、早くもう1勝したいです。シーズン終了後の(男子、シニア、女子ツアーの代表選手が出場する)3ツアーズ選手権にも出てみたいです」

 遅咲きゴルファー森田徹。この先にもピークがあると信じて、あきらめず、しぶとく歩んでいく。

■森田徹(もりた・とおる)

 1969年(昭44)12月17日、千葉・成田市生まれ。成田高卒。27歳でプロテストに合格し、チャレンジ(下部)ツアーでは06年に賞金ランク4位に入っている。かつてはショット頼りのプレーだったが、戦いを重ねる中で「ミスをしても耐えてパーを取るゴルフ」が得意になったという。シニア転向2年目の今年はツアーを転戦しながら、「千葉チャンピオンシップシニア」と題したプロアマの大会を3度開催。試合への出場機会に恵まれないプロに競技の場を与え、アマにはプロと回れる機会になり、好評を得ている。168センチ、65キロ。血液型B。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2 3 4
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集