[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

51歳でツアー初V飾った苦労人プロの想い「シニアでピークが来た。諦めなくて良かった」

過去の自分を「ハングリーさが足らなかった」と反省し、日々、精進する森田徹【写真:柳田通斉】
過去の自分を「ハングリーさが足らなかった」と反省し、日々、精進する森田徹【写真:柳田通斉】

勤務していたゴルフ場を離れ、練習時間を確保

 ツアープロとしてのリスタート。今季シーズン入りする直前、森田は長く勤務した袖ヶ浦CCを離れることにした。プロとして練習時間を確保し、本気で上を目指すための決断だった。そして、出場2戦目のノジマチャンピオンカップ箱根で8位とトップ10入りを果たした。その後は上位に入れない試合が続いたが、マルハンカップ太平洋クラブシニアでは、第1日で6アンダーの首位スタート。このワンチャンスを生かして、優勝カップを手にした。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「反響はものすごいです。袖ヶ浦CCの方々、しばらくぶりの人からもたくさん連絡をいただきました。海老原さんに連絡したら、『お前、よくやったな~』と言ってもらいました。それは本当にうれしかったです」

 この1勝で、来季いっぱいのシニアツアー出場権は得た。一方で危機感も抱いている。

「来季になれば、横尾(要)、宮本(勝昌)、久保谷(健一)といった実績のあるプロもシニアツアーに参戦してくると思います。その中でいつまでやれるのかという思いもあります。彼らと戦えるのは幸せなことではありますが」

 不安を解消するのは練習しかない。決めているのは、「クラブは毎日振る」「トレーニングはしない」だ。

「ゴルフの調子は、いつどうなるか分からないものです。例えば、優勝した次の試合ではドライバーショットのイメージが湧かなくて、飛距離が50ヤード近く落ちたホールもありました。そうした状況を少しでも減らすにはクラブを振っていくしかない。海老原さんから教えてもらった竹ぼうきを振る練習も、体全体を使ったスイング感覚を維持するために、たまにやっています。トレーニングについては、クラブを振っていれば十分なので一切やりません。この年齢で無理してやっていくとケガにつながります。今の私にとって大事なのは、コロナにならないこととケガをしないことですから」

1 2 3 4
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集