[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪で金・銀メダル計4個獲得 世界最高の睡眠コーチ、海外で高まる休息の重要性

「睡眠」は人間が生きていく上で、切っても切れない関係にある。しっかりと体を休めて熟睡し、気持ちの良い目覚めを迎えて心身ともにリフレッシュするためにはどうすればいいのか。そんな“理想の睡眠”を追求しているのが、アスリートスリープコーチとして活動する矢野達人氏だ。「スポーツと睡眠」をテーマにした連載の第2回は、世界最高のスリープコーチと呼ばれ、サッカーの欧州名門クラブや女子ボートの東京五輪ニュージーランド代表を指導したニック・リトルへイルズ氏との出会い、そして独占契約を結ぶに至った経緯について振り返る。(取材・文=加部 究)

世界最高のスリープコーチと呼ばれるニック・リトルへイルズ氏は、サッカーの欧州名門クラブをはじめ多くのトップアスリートに睡眠の重要性を伝えている【写真:矢野達人提供】
世界最高のスリープコーチと呼ばれるニック・リトルへイルズ氏は、サッカーの欧州名門クラブをはじめ多くのトップアスリートに睡眠の重要性を伝えている【写真:矢野達人提供】

連載「スポーツと睡眠」第2回、ニック・リトルへイルズ氏に直談判し独占契約

「睡眠」は人間が生きていく上で、切っても切れない関係にある。しっかりと体を休めて熟睡し、気持ちの良い目覚めを迎えて心身ともにリフレッシュするためにはどうすればいいのか。そんな“理想の睡眠”を追求しているのが、アスリートスリープコーチとして活動する矢野達人氏だ。「スポーツと睡眠」をテーマにした連載の第2回は、世界最高のスリープコーチと呼ばれ、サッカーの欧州名門クラブや女子ボートの東京五輪ニュージーランド代表を指導したニック・リトルへイルズ氏との出会い、そして独占契約を結ぶに至った経緯について振り返る。(取材・文=加部 究)

 ◇ ◇ ◇

 矢野達人は、医療、手技療法、運動療法、栄養療法、休息療法を5本の柱とするオルソグループで、「休む」「リラックスする」「寝る」を軸とする休息療法を担ってきた。国内で研鑽を積みクリニックやサロンなどを通して2万人近くと関わり「睡眠問題が改善した」と感謝の声も多数届いていた。

 だが、もともとスポーツトレーナーの養成学校を卒業しており「将来はアスリートのサポートを」と考えていたところで、2018年に世界最高のスリープコーチ、ニック・リトルへイルズの著書に遭遇する。

 現在リトルへイルズのもとへは、世界中から指導依頼が押し寄せ、とりわけサッカー界での活動が顕著だ。マンチェスターを象徴するシティとユナイテッドの両クラブやレアル・マドリードなどを筆頭に、イングランド代表、リバプール、レバークーゼン、サウサンプトンなどのコーチを歴任。さらにはNBA、自転車、ボートなど活動は多岐に渡っている。寝具メーカーのマーケット担当から独立し現職に就いたのだが、発端は直接マンチェスター・ユナイテッド宛てに睡眠の重要性を説く手紙を送ったことで、同クラブで指導に携わってからは瞬く間に世界規模で輪が広がっていった。

 実は矢野もリトルへイルズと同じ方法で、アスリートスリープコーチとしての地位を築いていこうと試みた。だが日本では、英国と同じストーリーは綴れなかった。連絡を取っても話を聞いてもらえないことが多く、なかなか睡眠の価値への理解を得られず交渉が成立しない。暗中模索のなかでリトルへイルズの著書に感銘を受け、「もし世界レベルの人と繋がれれば状況を変えられるかもしれない」とメールを送ってみた。

 こうして思いがけず道は開けた。日本語で送ったメールなのにしっかりと熱意は通じたようで、リトルへイルズからの返信が届く。矢野はリモートで直接レッスンを受けられることになり、さらに次々に課題をクリアし最終試験にも見事に合格。ついに世界で初めてのビジネスパートナーに選ばれるのだった。

 61歳のリトルへイルズは言った。

「達人(矢野)は、初めてのモデルケースだ。もし成功したら、他の国へも広げていこう」

1 2

矢野達人

アスリートスリープコーチ(上級睡眠健康指導士) 
総合医療グループで病院や老人ホーム、スポーツジム等の運営に携わると、大阪で睡眠に特化したサロン「快眠ほぐしサロンすいみん」や「スリープクリニック」を運営。一般社団法人オルソスリープアカデミーの代表理事兼代表講師を務め、「アスリートスリープコーチ講座」や睡眠医療から生まれた究極の回復療法「メディカルスリープヘッド講座」を展開する。世界的スリープコーチであるニック・リトルヘイルズ氏と国内独占契約を結んでおり、今春から兵庫県相生学院高校サッカー部のスリープコーチに就任した。

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集