[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング世界王者、勝利会見を中断し大乱闘に参戦 英報道「母親が暴漢に襲われた」

ボクシングのWBC、WBO世界スーパーフェザー級王座統一12回戦が30日(日本時間5月1日)、米ラスベガスで開催され、WBO王者シャクール・スティーブンソン(米国)がWBC王者オスカル・バルデス(メキシコ)に3-0の判定勝ち(117-110、118-109、118-109)を収め、2団体統一に成功した。しかし、試合後にはハプニングも。母を助けるために会見を飛び出し、もみくちゃの大乱闘に加わった一部始終を海外メディアが伝えている。

スーパーフェザー級で2団体統一に成功したシャクール・スティーブンソン【写真:AP】
スーパーフェザー級で2団体統一に成功したシャクール・スティーブンソン【写真:AP】

2団体統一のスティーブンソンにハプニング

 ボクシングのWBC、WBO世界スーパーフェザー級王座統一12回戦が30日(日本時間5月1日)、米ラスベガスで開催され、WBO王者シャクール・スティーブンソン(米国)がWBC王者オスカル・バルデス(メキシコ)に3-0の判定勝ち(117-110、118-109、118-109)を収め、2団体統一に成功した。しかし、試合後にはハプニングも。母を助けるために会見を飛び出し、もみくちゃの大乱闘に加わった一部始終を海外メディアが伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 無敗王者同士の対戦で、6回に右フックでダウンを奪うなど、優位に試合を進めたスティーブンソン。判定勝ちで2団体統一に成功した。その後の会見でメディアの質問に答えていた時に“事件”が起きた。肩に担いでいたベルト2つを床に置き、会見場を飛び出す。隣にいたトップランク社のボブ・アラムCEOも「何が起きた?」と心配そうだ。

 スティーブンソンが向かった先では、もみくちゃの大乱闘が起きていた。英紙「ザ・サン」は「シャクール・スティーブンソン、自分の母親が暴漢に襲われたと聞いて、助けるために会見を抜け出す」との見出しで記事を掲載。事の顛末を伝えている。

 記事では「質問に応じていたところだったが、質問の途中自分の母親がいる方向を心配そうに向いていた」とスティーブンソンの様子を紹介。母親が襲われたとの情報があったことも記し、「スティーブソンは母親のもとに駆け寄ったが、彼がどのくらい乱闘に巻き込まれていたかは不明だ」としている。ただ、同紙によるとスティーブンソンと母親は無事だという。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集