[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

少数精鋭でも“出番の少ない選手”は生まれる 異色の高校が大所帯の部活を目指す理由

昨年11月、発足からわずか3年で全国高校サッカー選手権出場にあと1勝と迫り、話題を呼んだのが兵庫県の相生学院高校サッカー部だ。淡路島を拠点に活動しており、通信制高校としての利点を活かしながら育成年代の新たな可能性を模索し続けている。そんな注目の新興校が今、これまでのやり方を大きく変え、大人数の部員を抱えながら独自のリーグ「淡路プレミアリーグ」を運営し、序列をつけない複数のチームが戦って強化していくという新たな挑戦に打って出た。彼らはなぜこのタイミングで方針転換を決断したのか。上船利徳総監督に話を聞き、新たな取り組みに力を入れる姿を追った。(取材・文=加部 究)

少数精鋭から大所帯での活動への転換を決めた相生学院高校サッカー部【写真:相生学院】
少数精鋭から大所帯での活動への転換を決めた相生学院高校サッカー部【写真:相生学院】

連載「相生学院高校が挑む部活革命」第1回、少数精鋭主義を掲げるも感じた限界

 昨年11月、発足からわずか3年で全国高校サッカー選手権出場にあと1勝と迫り、話題を呼んだのが兵庫県の相生学院高校サッカー部だ。淡路島を拠点に活動しており、通信制高校としての利点を活かしながら育成年代の新たな可能性を模索し続けている。そんな注目の新興校が今、これまでのやり方を大きく変え、大人数の部員を抱えながら独自のリーグ「淡路プレミアリーグ」を運営し、序列をつけない複数のチームが戦って強化していくという新たな挑戦に打って出た。彼らはなぜこのタイミングで方針転換を決断したのか。上船利徳総監督に話を聞き、新たな取り組みに力を入れる姿を追った。(取材・文=加部 究)

 ◇ ◇ ◇

 プロ選手の育成を標榜して4年前にプロジェクトを開始した兵庫県相生学院高校サッカー部が、これまでの「少数精鋭主義」に見切りをつけ、大所帯での活動に転換することを決めた。

 相生学院は無名の選手たちを集めた1期生が最上級生になると、2021年度の全国高校サッカー選手権兵庫県予選で決勝まで進出し、発足時の目標通り本当にJリーガーを2人輩出した。過去にも強化開始時点でJアカデミー出身の有望選手たちを集めて、短期間で結果を出すチームはあった。だが20歳代でプロジェクトを発案し、現役を退いて間もなかった上船利徳総監督には、当然ながら最初から実績を伴う中学生を集めてくるのは不可能だった。結局、集まった1期生の中に全国大会のプレー経験を持つ選手はゼロ。諸条件を考えれば異例の快挙として一躍注目を集め、1期生と入れ替わりの新入生には多くの有望株が含まれ40数名での活動が続いていた。

 しかし、いくら少数に絞り込んだ活動を続けても、トップチームの主力組とBチームで出番の限られた選手たちのモチベーションには落差が生じる。上船総監督は、熟考を重ねた末に来年度からは大量の選手を迎え入れる決断に辿り着いた。

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集